ようこそ!4070人目の訪問者です!

 

お知らせ

松島中学校です。生徒の日々の様子を発信しています。
 

活動日記


2018/10/05

10/5全校集会より

| by 松中管理者

長い時間をかけて(10/5全校集会から)

松島町立松島中学校 校長 佐々木 清 光

 

 2学期が始まって、週末は予定したかのような台風の襲来、運動会も二度三度の延期を余儀なくされましたが、当日の生徒の皆さんの姿に、保護者の方々もほっとしたことでしょう。また、今日は、先日行われた宮城郡中学校新人大会の賞状、駅伝大会 文化面では読書感想文、弁論大会、英語暗唱弁論、など、多くの賞状の披露がありました。

 先の新人大会は、多くの会場に出向き、皆さんの活躍を目に焼きつけてきました。連続優勝を果たしたサッカー部 9名で出場した野球部 団体戦の悔しさを乗り越えての個人戦の頑張りを見せた女子バドミントン部 成長著しいソフトボール部 剣道部。わずかの差で決勝トーナメントを逃した女子バスケットボール部。それぞれの部活動で、私たちがみている前で、あるいは、見えないところで、それぞれのドラマがあったことと思います。結果は、結果として受け止めて、来年度の総合体育大会での活躍を期待していますし、皆さん自身が長い時間をかけての活動(戦い)が始まりました。

さて、運動部の皆さんとともに、大きな声で応援してくれた、文化部の皆さん、本当にありがとう。吹奏楽部、美術部、郷土部、家庭部、松島中学校の応援のすばらしさを感じました。

運動部は郡大会や県大会の終了とともに、文化部は先日の文化発表会をもって、1.2年生全員が主体となった活動になりました。今まさに、生徒会も部活動も、学校の中心を担うのは2年生になりました。2年生にこれまで以上の期待を寄せています。

松島中学校は、次なる大きな行事「合唱コンクール」に向けて、クラス一丸となって取り組みます。「運動会の応援合戦」と並ぶ「松中の合唱」は、今まで築き上げてきた松中の伝統です。1年2年の短い期間でできあがったものではありません。見える襷はないけれど、代々の先輩方が、思いが詰まった、思い出あふれる、願いが込められた「見えない襷」で繋いできました。

十五(イチゴ)世代(中学生)を生きている松中の皆さん。1年生はこれからの2年半の中で、2年生は残り一年半の中で、3年生は残り半年の中で、学年・学級の中でどう考え、どう過ごしていくのか、また、学年を超えた中で、どのように先輩として、後輩として、同級生として過ごしていくのか。改めて、長い時間をかけた取組が始まりました。

松中生の皆さんに大いに期待している私たちです。

 


12:24 | 投票する | 投票数(7) | 校長室より

QRコード