学校紹介
松島町立松島第二小学校
 〒981-0215 松島町高城字反町五.14番地
 TEL(022)354-2456  FAX(022)353-2935
 開校記念日:5月1日
  児童数:169名
 校長 田辺 昭浩(2018.4.1~)

1.学区,学校の概要
 本校は,昭和24年4月1日に旧松島小学校より分離し,松島第二小学校として創立された。
 また,平成3年に現在地に新校舎が完成し,平成19年度に松島第三小学校,
 松島第四小学校との統合を行い,現在に至る。
  学区は松島町の中央部に位置し,広さは松島町の約7割に及ぶ。
 自然環境や文化遺産に恵まれ,学習素材が豊富である。 
 
2.学校経営の概要
(1) 教育目標
社会の一員としての自覚をもち,自ら学び,思いやりがあり,健康で人間性豊かな児童の育成』 
 ~自学・共生・健康~
(2) 教育方針
  1 子ども第一主義(主体的・自治的な取組)           
  2 組織としての教育力の向上(学習指導部,生徒指導部、特別支援教育部、危機管理部)
  3 安心・安全で信頼される学校運営(危機管理の徹底)  
  4 地域素材の活用と連携重視(コミュニティースクールとしての取組)
 ◎目指す児童像
   〇〈自学〉「かしこく」進んで学習し,ともに高め合おうとする子ども
   〇〈共生〉「やさしく」思いやりがあり,助け合おうとする子ども
   〇〈健康〉「たくましく」命を大切にし,健康な体を作ろうとする子ども
   ~脳と体を鍛える~
(3) 学校経営の重点
 【豊かな心と確かな学力を育てる教育課程の編成と実施】
  ①心の成長と学ぶ意欲を高めるための校内環境の整備
   〇一人一人のよさを生かし,互いに認め合い高め合う学級集団づくり
   〇かかわり合いを重視し,学ぶ喜びを生み出すアクティブラーニング的授業の創造
   〇通級指導及び教育補助員等の活用によるきめ細かい個別指導体制づくり
   〇全ての児童が自ら判断,行動しやすい校内環境づくり
  ②基礎学力の定着を図り,自信を育むための授業づくりと家庭への啓発
   〇松島町「指導力向上プログラム」学習指導の方針を踏まえた「普段の授業」の充実
   〇子どもの意欲を高める校内の複数指導体制と,児童の実態に応じた専科授業等の導入
   〇自学の充実を通じた授業と家庭学習サイクルの確立
   〇読書活動の充実と本に親しむ機会の設定(町年間統一目標の達成)
   〇諸検査・調査結果の分析及び実践記録の蓄積と評価の工夫
   〇PTA活動と協働したノーゲームデー&減テレビデー,お手伝いへの取組の充実
   〇脳科学に基づいた学習活動の児童・家庭への啓発
    (脳の自動運転と手動運転の訓練と習得
  ③心に響き合う積極的な生徒指導
   〇SEL(Socail Emotional Learning)的視点を取り入れた学習活動の展開
   〇いじめを許さない学校風土づくりと不登校対策~学校いじめ防止基本方針の共通理解~
 【体育・健康に関する指導の充実】
  ①運動に親しませるための日常的な体力づくりの推進
   〇基本的な体力の向上及び学校行事と関連づけた教科体育の指導の工夫
   〇学級づくりと連動した体力つくり活動の工夫
  ②保健・安全とかかわる実態に対応した指導の展開
   〇進んで健康維持に努める意識及び生活習慣の形成と家庭への啓発
   〇生活習慣病や食物アレルギー,メディアへの過剰接触等の現代的課題への対応
   〇「命を守る」ことについての学年段階に応じた具体的指導の徹底
   〇日常の安全な生活行動に結び付く自助意識の育成
 【自立と共生を目指す特別支援教育の充実】
  ①特別支援及び支援を要する児童が,安心して意欲的に生活・学習できる環境改善・整備
  ②協力学級児童及び町内児童・生徒との積極的な交流
  ③特別支援コーディネーターを中心とする教育相談体制の確立
  【家庭・地域・学校の協働で子どもを育てる風土づくりの推進】
  ①コミュニティースクールに向けた取組
  ②郷土学習(松島まるごと学)の充実と達成感を味わわせる交流活動への取組  
  ③地域と一体となった安全で安心できる学校(学区)づくり

3.現職教育
(1)校内共同研究
    「友達とのかかわり合いを通して,よりよい生き方を考える児童の育成」(1年目/2年次)
     ~(教材・他者・自己との)対話的な学びを取り入れた道徳の授業づくりを通して~
       〇全教職員が見せ合う研究授業を実施
(2)生徒指導に関する研
      〇児童理解研修,カウンセリング研修