ようこそ!あなたは1094人目の訪問者です。
 

教育長室から(若い教育者へ)

教育長室から(若い教育者へ)
123
2021/09/21new

板書

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 最近はプリントを配布し,その穴埋めをして終わり。「板書はなし」という授業を見かけます。特に中学校です。「板書は教師の顔」と言われますが,それも今は昔なのでしょうか。顔が見える授業が見てみたいと思っている今日この頃です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

   さて,板書がどれほどの意味をもつものかは,黒板とチョークのない授業を想像しただけで,お分かりいただけるのではないでしょうか。話だけでは学習は成立しません。「話は消えるが板書は残る」とも言われます。プリント学習だけして板書をしない教師がいたとしたら,それこそ「何も残らない」ものになってしまいます。

    板書は,子どもの興味・関心を促したり,子どもに考えるきっかけを与えたり,次の学習活動を促したり,問題点をまとめたりと,その役割は極めて大きいものがあります。

 
 板書のない授業が子どもの学力を向上させるとは思いません。板書だからといって安易に考えてはならない思います。そこで、板書の役割をもう一度確認してみましょう。

 ①子どもを引きつける板書をすること。
 子どもの興味・関心を一斉に引きつけるようなものから導入していくことが大切。例えば,易しい例題からスタートしたり,絵や図を提示したり,子どもたちが「はっと」して「ぐっと」くるような板書を心掛けたいものです。特に低学年は,楽しい絵や色チョークが効果的です。導入で 子どもの心を掴んだら,授業の8割は成功したと述べた先輩教師もいるくらいです。それくらい,導入時の板書は重要といえます。

 ②簡潔で分かりやすい板書をすること。
 「ごちゃごちゃとまとまりのない板書」ほど疲れるものありません。さらに,教師に「これを写しなさい」と言われたら子どもはさらに「ぐったり」。なんのための板書なのか,意図を明確にして望むことが寛容です。例えば,作業の段取りを示した板書,比較や検討を示した板書,予想を示した板書など,教師の意図に応じて,簡潔で分かりやすくまとめていくことが大切です。訳の分からない板書で子どもをいたずらに混乱させたり,無駄な能力(写す)を使わせないように厳に慎むことも大切です。

    ③文字の配置,文字の大小,色チョークの使い分けを工夫すること。
 例えば,重要語句は,黒板の中央もってきて,文字は他の文字より少し大きめ,そして,赤いチョークで囲むなど,子どもの理解を助けるように工夫をすることです。

    ④文字はていねいに正しく書くこと。
 教師が子どもたちに範を示すように努めること。誤字,脱字,筆順の誤りがないように心掛けること。特に,筆順の誤りは教師として失格。筆順が怪しかったら,教卓に国語辞典を置き,確認をしながら進めましょう。これは子どもにもまねさせたいものです。

    ⑤板書の楷書できちんと書くこと。

 ⑥しかも,「はね」「とめ」「はらい」などもきちん書くこと。
  子どもは教師の手元をじっと見つめていることを忘れずに。

   ⑦円を描いたり,線を引いたりするときは,コンパスや定規を用いて正確に表すこと。

   ⑧文字を書く速度に配慮すること。
 下学年はゆっくり書きましょう。一字一字ていねいに書くくらいがちょうどいいと思います。上学年は,子どもがノートに写すことができるようなスピードで板書しましょう。上学年の子どもたちは,慣れてくるとかなり速いスピードでも書けるようになりますが、注意したいのは書きなぐりの字にならないようにすることです。当然のように教師の方も文字を崩したり乱雑に書いたりすることがないようにしたいものです。

   ⑨文字の量は配慮すること。
文字の量は,上学年になるにつれて増えるのは当然であるが,ノートへの転記を配慮して文字の量を加減することが寛容です。そこまで先を読んで板書しましょう。

   ⑩横書きの板書は,極端な右上がり,右下がりにならないように注意すること。
 また,縦書きの板書は,中心線からズレないようにすること。
どちらかと言えば,横書きの方が曲がってしまう傾向が強い。そうならないためにも黒板に 鉛筆で線を等間隔で引いておくといいと思います。これなら曲がらないで書けるでしょう。では,なぜ,鉛筆を用いるかです。それは線があまり目立たないし,横書きが慣れた頃には鉛筆で書いた線は自然に消えているという理由からです。曲がりやすい人は是非試してほしいと思います。

   ⑪色チョークの特性を知った上で効果的に使うこと。
 黄色のチョークは良く目立ちますが、青色や緑色は見えにくく目立ちません。赤色も見る角度によっては見えにくいことがあります。チョークの特性を知った上で使用したいものです。また、子どものノートの転記に配慮した色チョークも考えておく必要があります。

   ⑫計画的に板書をすること。
 一時間の学習の流れが一目で分かるような板書をいつも心掛けましょう。そのためには,板書事項として何を書き残すか。それを黒板のどの位置にもってくるか。絵や図をどう絡ませるか。子どもの意見をどこに書くか。これらは事前に予測して構想を立てておく必要があります。行き当たりばったりでは「一時間の学習の流れが一目で分かる板書」などできっこありません。まさに「板書を見ればその人の指導力が分かる」といえます。

   ⑬黒板の機能(「書く」「消す」「残す」)を十分活用すること。
 大切な部分を残したり,不要な発言は消したりしながら学習内容の定着を図ること。それができるのが黒板です。プリント学習ではそれができません。

   ⑭板書の構えに注意すること。
   板書の構えについて下学年の場合は「4分6の構え」と言われています。身体の4割くらいを黒板に向け,残りの6割は子どもたちの方を向くという構えです。上学年の場合は「3分7の構え」と言われています。いずれにせよ長時間,黒板と向き合ってないようにしたいものです。その間,子どもは何をしてるか分かりませんよ。

   ⑮転記の仕方を決めておくこと。
   教師が板書したあとに写すのか,教師と一緒になって写すのか,学級の実態に応じて決めておきましょう。まちまちだと授業に混乱を生ずることがままあります。

 板書と侮ってはいけません。こんなに留意事項があります。
  一つ一つ確認してください。


08:27 | 投票する | 投票数(2)
2021/09/14

漢字指導

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 漢字指導は、地味な活動ですが、短時間で、しかも的確な指導が求められます。どの子にも確かな力をつけさせるために漢字指導でやってはならない「禁じ手」を紹介します。漢字指導の戒めとしていただければ幸いです。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

1 数多く書かせない

 国語の時間において、漢字指導に当てる時間は、そう多くはありません。しかし、覚えなければならない新出漢字はたくさんあります。一つ一つ丁寧に取り組んでいたら、いくら時間があっても足りません。だからといって、漢字練習てんこ盛りでは、書き方が雑になったり、漢字嫌いの子が増えてしまいます。
 そこで、漢字は、毎日5個ずつ学ぶことを基本とします。これ以上の練習は、効果は上がらないと思ってください。
 毎日5個ずつではありますが、漢字指導と言ったならば、①読みの確認、②空書き、③指書き、④なぞり書を含めたものを指し、このルーティン(きまりきった手続きや手順)に沿ってない練習は、漢字練習とは言わないことを、子どもにしっかり定着させてください。

 次に、1つの漢字を何回練習させるかについてです。
 私は、3回が適当と考えます。実際、ノートに漢字を書くのは3回ですが、前述したルーティン(②~④)も含めると、合計で7回も書いていることになります。それだけ書けば十分ではないでしょうか。
 子どもたちも、このシステムに慣れてくると5分程度で漢字練習は終了します。残りの40分は、自由に使え、漢字指導で圧迫されることはありません。


 2 時間のたった反復練習はしない

 では、ルーティンを含めて漢字5個を3回ずつ練習しただけで、新出漢字が完全にマスターできるか。それは「否」です。それほど甘くはありません。

 記憶の定着については、H・F・スピッツァー博士によるエビングハウスの忘却曲線が参考にります。この曲線は、学習したものが時間の経過とともに、忘れていく割合を示したものです。  
 ①1日が経過すると、46%を忘れてしまいます。
    ②1週間が経過すると、65%を忘れてしまいます。
 ②2週間が経過すると、79%を忘れてしまいます。
 ということが、実験から裏付けられています。
 そう考えると、新出漢字の完全な定着を図るには、遅くとも1週間以内に、数多くの反復練習をさせた方が、定着率が高くなるというわけです。

 では、その反復練習の時間をどこで確保するか。「授業中の漢字指導は、できるだけ短時間で終わらせたい」というのであれば、家庭学習(宿題)で補うのが最もよいと思います。家庭でも、ルーティンを含めて漢字5個を3回ずつ書かせる程度ならば、子どもたちへの負担もあまりないし、漢字練習以外の学習時間も十分に確保できるはずです。

 
 3 「とめ」「はらい」の甘い指導は、子どものためにならず
  

 「とめ」「はらい」などの採点は厳しくすることです。ながすところ、とめるところ、はねるところ、少しでも違っていたら、朱を入れあげることです。また、少しでも線がはみ出たような場合は、即指導といった具合に、子どもへの指導は徹底することが大切になってきます。
 厳しいけれど、先生の漢字に対する姿勢が理解できたならば、子どもたちは、必ず付いてきます。しかし、学校全体で、漢字指導に対して、厳しい先生もいれば、そうでない先生もいる場合は、話は違ってきます。子どもたちは楽な方に逃げてしまいます。

 漢字指導は、学校全体で統一することが重要です。
「漢字指導は、各担任のさじ加減に任せてはだめ」というのも、禁じ手の一つです。


08:11 | 投票する | 投票数(1)
2021/09/07

指示

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 授業を形作る上で最も重要な役割を果たすのが,「発問」「説明」「指示」の3つです。
 今回は、最後の「指示」を取り上げ,その際の配慮事項を述べてみます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 「指示」と「説明」は類似性があります。

  まず一つ目は,指示も説明も同様に,「Kissを上手に(Keep It Simple Stupid)」のように簡潔明瞭に指示を出だすことが肝要です。

 長たらしい指示は,説明と何ら変わりなくなってしまい子どもたちに伝わりにくくなります。短い言葉で「ノートに漢字を3回書きなさい」「水道の水は鉛筆くらいの太さで出しましょう」「自分の考えを2分以内でまとめましょう」などスパッと指示を出すことです。子どもたちが,教師の出した指示がきちんと守れたら,「よし」「合格」「なかなかいいぞ」「すばらしい」などの「ほめ」を忘れないこと。このような「ほめ」は,自分に対する教師からの評価としてとらえ,さらに意欲的に学習に取り組むことを知っておくことも大切です。

   二つ目は,「指示の連続は止めよ」ということです。
  「①お道具箱からのりを出しなさい。②のりを出したら,先生が配ったプリントをノートに貼りなさい。③貼ったら先生に見せに来なさい。わかった。」

 この指示には,3つの指示が盛り込まれています。子どもは一度に3つ以上の指示は無理です。まして低学年ならなおさらです。このような場合は,指示は区切って出すこと。その際,全員達成したことを確認したら「ほめ」を入れることです。これだと指示の出し方は完璧です。
 
 例えばこのような具合で行いましょう。
  「お道具箱からのりを出しなさい。」と指示を出します。全員の子どもがお道具箱からのりを取り出すのを待ちます。すぐできる子もいればそうでない子もいますので,教師は全員ができるまで待ってあげることが大切。全員ができたのを確認したら「ほめ」をすかさず入れます。「すごいね。すぐできたね。」,「じゃ次はね。先生が配ったプリントをノートに貼りなさい。」と次の指示に進むという感じです。まとめると,連続する指示は区切り,「指示→確認→ほめ」のパターン進めるのがポイントということになります。

    三つ目は,「指示の追加は止めよ」ということ。
    子どもたちに指示を出し,今まさにそれに取り組んでいる最中なのに,追加の指示を出す教師がいます。
 例えば,今一生懸命,計算ドリルをしているのに「ちょっと,ちょっと,こっちを向いて,終わったらこのプリントも2枚しなさい,わかった。」などといった具合です。

 まず,このような指示の追加は,全員の子どもの耳には届いてないと考えた方がよいです。無駄な指示だと思った方がいいです。指示は,活動中の指示は絶対避け,活動前に指示を出しておくとか,活動後に指示を与えるとか,意図的計画的に練っておくことが大切です。場当たり的な指示は,子どもをいたずらに混乱させ,学習の妨げになることを十分に認識してほしいと思います。

    四つ目は,「指示の言い直しは止めよ」ということです。
    指示を出したあと言い直すことがままあります。これもよくありません。「新しく出た言葉の意味を調べましょう。あ,あ,その前に,漢字をノートを3回ずつ書きましょう。まてよ,それより…」といった具合。教師の都合で,子どもを「右よ,左よ」と振らないことです。

    五つ目は,「早く終わった子への指示も忘れるな」ということです。
    学習には個人差があります。学習が早く終了した子どもが,飽きて学級を騒がせてしまうことがままあります。そのために終わったあとの指示も考えておきたいものです。
 例えば,早く終わった人は,「見直しましょう」「別のプリントをもう一枚しましょう」「学級文庫の本を読んでおきましょう」「まだ終わらない人にお手伝いをしましょう」といった具合です。


08:11 | 投票する | 投票数(0)
2021/08/31

発問

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 「発問」「指示」「説明」の3つを明確に区別して授業をしている若い先生方は何人いるのでしょうか。今回は授業の善し悪しをも左右する「発問」について述べてみます。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 授業を形作る上で最も重要な役割を果たすのが,「発問」「指示」「説明」の3つです。その内の「発問」を取り上げ,その際の配慮事項を述べてみます。

 

   教師の発問の善し悪しは,その授業の善し悪しをも左右します。それだけに,発問を精選されたものにする必要があるし,慎重に吟味もしなければならないものでもあります。

 工夫の見られない発問が学習意欲をそいでしまったり,理解の妨げなってしまったりしてしまうは十分、先生方は理解しているはずだと思います。しかし,これが結構多いのです。授業が成立しなくて「申し訳ありませんでした」という軽い問題ではないのです。「その授業はもう一度やり直すことはできない」ということを重く捉えてもらいたいです。

 

   紹介したい発問があります。これは某研究会でまとめた道徳指導案集の中にあった発問です。これをご覧ください。

 ・もう一度手紙を見たワンタくんは,どんなことを考えたでしょう。

   ・みんなが電車に乗ってきて,いやだなと思ったのはどうしてでしょう。

 ・手紙を読んだ子どもたちは,どう思っただろうか。

   ・石に化けて隠れていたぽんすけは,どんな気持ちだったでしょう。

   ・お母さんはやっちゃんのことについて,どんな感想をもちましたか。

 

 この発問をご覧になって何かお気づきにはならなかったでしょうか。 

 実は,この発問は「どんなこと考えたか」「どう思ったか」「どんな気持ちをだったか」「どんな感想をもったか」など,すべて気持ちを問う発問だということです。実に不思議なことですが道徳の発問というと,ほとんどがこのパターンです

 

   毎回,「どう思いますか」「どう考えましたか」と問われ続けられる授業が,子どもにとって本当に楽しい授業なのでしょうか。その発問で,子どもたちは本気になって考えるのでしょうか。年間35時間もこの調子では,そうは思えません。。正直言って余り工夫のない発問ではと,個人的には思っています。

 

   小学校学習指導要領解説道徳編を見ると,発問についてはこう記されています。

  平成29年度学習指導要領から

 教師による発問は,児童が自分との関わりで道徳的価値を理解したり,自己を見つめたり,物事を多面的・多角的に考えたりするための思考や話合いを深める上で重要である。発問によって児童の問題意識や疑問などが生み出され,多様な感じ方や考え方が引き出される。そのためにも,考える必然性や切実感のある発問,自由な思考を促す発問,物事を多面的・多角的に考えたりする発問などを心掛けることが大切である。発問を構成する場合には,授業のねらいに深く関わる中心的な発問をまず考え,次にそれを生かすためにその前後の発問を考え,全体を一体的に捉えるようにするという手順が有効な場合が多い。

 

   平成20年度 学習指導要領から

 教師による発問は,児童の思考や話し合いを深める決め手になる。特に,子どもの意識の流れや疑問を予想した発問,個性的な考えを引き出される発問,心が揺さぶられる発問など考えることが大切である。また,発問を構成する場合には,中心的な発問や中心課題となる発問をまず考え,次にそれを生かすためにその前後の発問を考えるという手順が有効な場合が多い。その中で,児童に発問を任せることがあってもよい。

 

 これを読むと特に気持ちを問う発問だけなくともよいのが分かります。また,平成20年度学習指導要領では「児童に発問を任せることがあってもよい」などと極めて柔軟に取り扱っている。

  「どう思いますか」「どう考えましたか」以外に,では,どんな発問が考えられるでしょうか。例えば,こんな発問はどうでしょうか。

 

 ①登場人物の表情を問う発問

  「太郎君は,そのとき楽しい表情をしていたのか,それとも悲しい表情をしていたのか。」

  登場人物の気持ちを問うのではなくて,その登場人物の表情を問う発問。「楽しそう」と子どもが言えば,さらにその理由を問うて学習を深めていくことができます。

 

  ②色で気持ちを問う発問

    「太郎君の気持ちを色に例えてみましょう。」

 登場人物の気持ちを色に例えることで読み取りを深めていく発問。太郎君の気持ちは灰色。その理由は「とても悩んでいるように思えたから」といった具合になります。

 

  ③漢字ひと文字で気持ちを問う発問

    「太郎君の気持ちを漢字ひと文字で表してみましょう。」

    ②のバージョン違いで,漢字ひと文字で登場人物の気持ちを表す発問。太郎君の今の気持ちは「怒」。その理由は「あれだけ裏切られたんだから,怒り以外考えられない」といった具合になります。

 

  ④もし,君だったなら…と自分に置き換える発問

    「もし,君が太郎君だったら,友だちを泣かしたりしますか。」

   登場人物の気持ちを問うのではなくて,自分のことに置き換えて,その行為を判断する発問。僕は太郎君のようなことはできない。その理由は「誰も人を殴る権利などないと思うからです」といった具合になります。

   ちょっと考えただけでも発問はこのように工夫できます。

 

   さらに,発問について考えてみましょう。

   冒頭で示した「どんなこと考えたか」「どう思ったか」「どんな気持ちをだったか」「どんな感想をもったか」などの発問群は,一般的にオープンド・クエスチョン(Opened Question)といいます。

 オープンド・クエスチョンは,多種多様な答えが期待できる「開かれた発問」です。例えば,「私たちはなぜ,国語を学んでいるのでしょうか」という発問は,子どもから様々な理由を聞くことができます。例えば,「日本国民だからです」「生活する上で必要だからです」といった具合で,ある限定した答えを求めてはいません。

 その意味ではまさに開かれた発問といえます。

 

  オープンド・クエスチョンとは逆に,クローズド・クエスチョン(Closed Question)というのがあります。

 例えば,赤いイチゴを指して「このイチゴの色は何色ですか」と問います。その問いに対する答えは「赤」以外にはありません。また,「あなたは算数が好きですか」と問います。その答えは「好き」か「嫌い」(あるいは,まま「どちらともいえない」)のいずれかに限定されます。拡散する(広がる)ことはありません。このようにある限定した答えを求める発問のことをクローズド・クエスチョンといいます。

 

 このように発問一つとっても様々なものがあります。

 しかし,例示した発問(登場人物の表情を問う発問,色で気持ちを問う発問,漢字ひと文字で気持ちを問う発問,もし,君だったなら…と自分に置き換える発問,オープンド・クエスチョン,クローズド・クエスチョン)のどれがいいかという問題ではありません。

 子どもの発達段階,能力,学習の程度に合わせて使い分けることが肝要になってきます。

 

   最後になるが,優れた実践者の発問も紹介します。それもまた参考にしていただければと思います。

  教育技術の法則化運動で有名な向山洋一氏が示した発問の定石は、

  ①知覚語で問う

     ・バスの運転手さんはどこを見ていますか。

  ②選択させる言葉で問う

   ・ペリーはどちら周りできましたか。

     ・多摩川の水は誰のものですか。

  ③発見させる言葉で問う

     ・二つの資料を比べて分かることはどんなことですか。

 

  次に,私の友人でもある道徳授業改革運動代表の深澤久氏の示した発問は、

  ①価値づくりの発問

    ・あなたにとって大切な人は誰ですか。

  ②値踏みの発問

    ・その人にお金で値段をつけるとしたらいくらですか。

  ・それは公平か,不公平か。

 

 以上,今まで紹介してきた発問を参考にしながら,発問づくりに磨きをかけ,教師としての力量を高めていただければと思います。




08:17 | 投票する | 投票数(6)
2021/08/25

教師の服装

| by 教育長
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ジーンズやジャージーで勤務している教師は、職場の服装としていかがなものかと違和感を感じている保護者・一般人が結構います。
 今回は、その教師の服装についてちょっと言及してみました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


     保護者からよく聞かれることがたびたびあった話題の一つに、「先生方は、夏休みは子どもがいないので何をしているのですか。」という内容です。

    保護者は子どもが学校にいないので、遊んでいると思ったらしいのです。「そうではないですよ」と否定し、しっかり勤務していることを伝えますが、中にはこう切り替えしてくる方もいます。「だって、ジーパンや半ズボンなど、散歩かレジャーに出かかるような服装をしている先生が多いじゃないですか。」というわけです。

   確かに、授業参観(保護者参観)時や家庭訪問の時など、ネクタイやスーツで身を固めたビシッとした姿(女性の先生方も同様です)からは全くもって想像もできないので、端から見れば、遊んでいるようにしか見えなかったのでしょう。

   そこで、若い先生方に問います。
 教師の「服装への規制」については、何か明文化されていると思いますか。

   教師の服装を規制する法令はありません。
 ですから、教師がどんな服装をするかどうかにつきましては、教職員の自主的な判断に委ねられています。

 ですが、教師には、教職にふさわしい、それなりの服装が求められていることも慣習的に根付いています。それは、例えば、授業参観(保護者参観)や指導主事訪問・家庭訪問などの時の服装が当てはまるのではないでしょうか。

   教師の服装を規制する法令はないのですが、校長は、学校教育法37条4項で「校務をつかさどり、所属職員を監督する」の文言に、教師の職務権限に関するものも含まれています。この一文が、校長から教師の服装に関する指示の有無となります。

 最後は、校長次第ということになります。

   しかし、校長の指示の有無にかかわらず、保護者のひんしゅくを買ったり、いらぬ誤解(遊んでいるのですか)をうんだりするような服装は自主的に避けたいものです。




17:03 | 投票する | 投票数(4)
123