ようこそ!あなたは16920人目の訪問者です。
 

教育長室から(若い教育者へ)

教育長室から(若い教育者へ)
12345
2021/12/27

学校事故

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
   
今回で最終回となります。
 長い間、お付き合いありがとうございました。
 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
 


 1:29:300の法則をご存じですか。
 この法則は,5000件の産業事故を分析し導かれた法則です。この法則を発見したのは,ハインリッヒというアメリカの保険会社の技師です。彼は,一件の大事故が発生する背後には29件の中規模の事故があり,さらにその背後には,取るに足らないと思われるような小さな事故が300件あることを発見しました。


    言い換えれば,「なに,このくらいたいしたことがない」「ひやり」「はっと」を放置しておく,すると「ひやり」「はっと」が300回続くと,誰かがケガをするような事故が29回も起き,ついには生命にかかわる大事に至るというものです。彼のこの発見は「ハインリッヒの法則」あるいは「1:29:300の法則」と名付けられ,安全管理の際の指針となっています。大事故は,何の前ぶれもなく突然襲ってくるわけでありません。その陰には,無数の小さな災害があって,それを一つ一つ面倒がらずに対処しておかなければなりません。

    この法則を学校現場に当てはめてみます。
 子どもは思いがけないところで,想像もつかない行動をし,事故を起こします。「何でこうなるの」と思うことがたびたびあります。しかし「ハインリッヒの法則」によれば,何かしらの前兆(前触れ)があるといいます。そうならないためにも細心の注意を払いながら,子どもの行動を見守り,予防に努める必要があります。

    例えば,校外学習の際には少なくとも,次のような確認が必要となります。
   ①目的地,時期,時間が適切であり,時程にゆとりがあるか。
   ②子どもの実態を考えて,健康・安全面に配慮されているか。
   ③目的地までの安全性を確認したか。
 ④引率者,配置,分担等の計画は適切か。
 ⑤緊急時の連絡方法を確認したか。
 ⑥必要な安全用具,携帯品を確認したか。
    ⑦実施計画等を全職員が理解しているか。
    ⑧特別な配慮が必要な子どもへの対応を確認したか。
    ⑨引率者間の連絡手段や方法を確認したか。
    ⑩事故の可能性や場所を確認し,安全確認の方法や対応策を把握したか。

 そうはいっても,事故は起こります。
 次は,起きたらどうするかです。冷静沈着,敏速的確な行動を取らねばなりません。例えば,次のような確認のもと,万全な対応を心掛けたいものです。
    ①養護教諭もしくは管理職がケガの状態を確認し,最低限の応急処置はしたか。
    ②救急車の要請はしたか。誰が,いつしたかを確認したか。
    ③病院の搬送先はどこかを確認したか。
    ④事件性がある場合は,警察には連絡したか。誰が,いつしたかを確認したか。
  ⑤保護者に連絡したか。誰が,いつしたかを確認したか。
    ・事故発生の日時と場所,事故の内容(交通事故等),加害者の氏名等
    ・搬送先の病院を伝えたか。
    ・教師の随行を伝えたか。待ち合わせ場所を確認したか。
    ⑥加害者,被害者等の保護者に事故発生時から今までの経過を分かりやすく説明したか。
    ⑦回復までの間に「お見舞い」や「いたわりの言葉掛け」をしたか。

 
 最後に「ハインリッヒの法則」ではないが,事故が多い学級には,ある一定の法則があるそうです。その法則に当てはまる学級は,ゴミが散らかっていたり,衣類が落ちていたりするだらしない学級だそうです。教室美化にも気を配りたいものです。

  最後に、「学級経営は、担任教師の人柄や教育観を曇りなく写し出す鏡のようなものである」と言った方がいました。是非、日夜、研鑽して、子どもたちに慕われる教師になってください。
  


15:51 | 投票する | 投票数(9)
2021/12/21

家庭学習

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
   
学校の授業では,主として基礎的・基本的な内容を学びます。学校で学んだことをさらに自分のものにするには,家庭においても学習したことを確かめたり,反復練習したりすることが大切になってきます。また,教科によっては,事前に予習して授業に臨んだ方が学習の理解が増す場合もあります。このように継続的な家庭学習は,学力の定着と向上にとっては欠かせないものとなっています。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 

     
 家庭学習を円滑に進めるには,保護者の協力が必要となってきます。
 まずは,家庭学習の習慣化を図るために,これだけはというポイントをお示します。それを保護者会等を通じて伝え,協力をもらうようにお願いすることが大切になってきます。
 
 まずは①「学習環境」です。落ち着いた学習の雰囲気をつくりたいものであります。テレビやラジオの視聴をしながらの学習は集中できません。テレビの近くで子どもがが学習している時などは,保護者もテレビを控えるなどの配慮が必要となります(協力してもらうことになります)。

  ②家庭学習の時間は,小学生の場合,目安として学年×10分,中学生の場合,目安として学年+1時間などど言われているが,「ながら学習」の1時間より集中した30分の方がより効果的な場合もあります。中学生の場合は,部活動等で帰宅時間も遅くなり,家庭で学習する時間は限られてきます。子どもと十分な話し合いをし,無理なく毎日続けられる時間を設定したいものです。

  ③「継続は力なり」と言います。毎日学習することが大切です。本人の都合でたびたび予定を変更したのでは,家庭学習の習慣化にはつながりません。その場合は,もう一度,無理なく毎日続けられる時間を設定することです。

  ④宿題があれば,まず宿題を優先することです。それから予習や復習を行うことです。小学校の低学年のうちは,予習よりむしろ復習に重点をおいた方が効果的と言われています。

  ⑤子どもの家庭学習について困ったことなどがあったらそのままにしないで,まずは担任に相談することが大切になってきます。。家庭と担任が連絡を取り合うことによって,子どものよさをさらに伸ばすことができます。


  次は,家での家庭学習の進め方の一般的例を示します。参考にしていただければと思います。

(1)1・2年生
 ①学習時間は,20~30分を目標にすること。 
 ②学校からの宿題があれば,まず,それに取り組むこと。
 ③もっと学習したい人は,次のことを行ってみること。
      国 語:教科書を大きな声ですらすら読めるようにする。
                  ひらがな,カタカナ,漢字の練習をする。
                  日記や作文を書く。
                     教科書以外の本を読む。
      算 数:教科書の問題を繰り返し行ってみる。

(2)3・4年生     
 ①学習時間は,40~50分を目標にすること。 
 ②学校からの宿題があれば,まず,それに取り組みむこと。
 ③もっと学習したい人は,次のことを行ってみること。
      国 語:「、」や「。」に気を付けて,教科書を大きな声で読む。
                  筆順や送りがなに気を付けて,漢字の練習をする。
                  日記や作文を書く。
                     教科書以外の本を読む。
      算 数:教科書の問題をもう一度復習してみる。
                     明日の予習をする。
      社 会:今日学習したところをまとめる。
                     疑問に思ったことを調べる。
      理 科:今日学習したところをまとめる。
                     疑問に思ったことを調べる。

(3)5・6年生   
  ①学習時間は,60~70分を目標にすること。 
  ②学校からの宿題があれば,まず,それに取り組むこと。
  ③もっと学習したい人は,次のことを行ってみること。
      国 語:教科書を大きな声で読む。
                  漢字の練習や意味を調べる。
        部首,読み方,熟語を調べる。
                  日記や作文を書く。
                     教科書以外の本を読む。
      算 数:公式や計算方法をもう一度確認し,教科書の問題を再度復習してみる。
                     明日の予習をする。
      社 会:図や表から分かったことをまとめる。
                     学習に関連する新聞記事等の資料を集める。
      理 科:実験や観察についてまとめる。
                     学習に関連する新聞記事等の資料を集める。

 こうまでしても子ども「やる気」がないと水の泡です。
 子どものやる気を引き出すためには,保護者にお願いしたい心配りを若干示します。

 ① 規則正しい生活のリズムの確立。生活の基本となる食事や睡眠(朝食抜き,夜更かし)については,特に気を配っていただくことです。


  ②親子のコミュニケーションの充実。子どもを温かく見守ったり,ほめたり,認めたり,励ましたりするには,親子の良好なコミュニケーションがあって初めて成立します。普段から,進んで子どもに語りかけ,意思の疎通を図ることが寛容です。


  ③自信をもたせること。他人の子どもと比較したり,ミスばかり責められたのでは子どもは自信をなくしてしまいます。子どものやる気を伸ばす一番の方法は,やはりほめることにあります。その子なりにがんばり,少しでも進歩したら大いにほめてあげることです。

  以上,家庭学習の習慣化に向けたポイントとなります。 定着までは相当時間を要するが,まずはできるところからです。千里の道も一歩からです。


08:19 | 投票する | 投票数(9)
2021/12/13

いじめ発見のポイント

| by 教育長
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  
いじめの解決は早期発見,早期対応が一番良いとされています。しかし,・・・・・。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 


 いじめの解決は早期発見,早期対応が一番良いとされています。しかし,最近のいじめは,手口が巧妙化していて,容易に見つける事が難しくなってきました。どんなところに注目して,子どものSOSを受け止めてやるか,そのチェックポイントを挙げてみます。


〈朝の会〉
 ・遅刻や欠席が目立つようになってきた。
 ・早めに来ても,なかなか教室に入りたがらない。
 ・表情さえなく,うつむき加減である。
 ・担任が来てから教室に入る。


〈授 業〉
 ・ぼーっとしていて,集中力に欠けることが多い。
    ・グループ決めなど,仲間に入れてもらえない。
 ・正しい答えなのに,野次,奇声が発せられる。
 ・発表回数が極端に減り,学習意欲がなくなる。
 ・グループ活動なのに,一人で作業をさせられる。
 ・道具や器具に触らせてもらえない。
 ・常に周りを気にしている。
 ・対象者を見つめたひそひそ話が多くなる。
 ・不自然に机が離されている。
 ・頭痛,腹痛を訴え,授業中,よく保健室に行く。
 ・係を決めるときなど,ふざけ半分に何度も推薦される。
 ・ひどいあだ名で呼ばれる。


〈休み時間〉
    ・周りに友達がいなくて,一人でいることが多い。
 ・遊んでいてもプロレスごっこのような遊びが多い。
 ・ほとんど笑顔が見られず,無表情をしている。
 ・要もないのに,頻繁に職員室や保健室に行きたがる。
 ・休み時間は,ほとんどトイレの近くにいる。
 ・行きたくもないのに,トイレに付き合わされる。


〈給 食〉
 ・誰も給食を分けてくれない。
    ・食欲がない。
 ・食欲がないと言って,みんなが喜ぶデザートなどをあげる。
 ・その子の嫌いなおかずを食器にたくさん盛られる。
 ・その子の好きなおかずを食器に,ほんの少ししか盛られない。
 ・その子の食器だけが片づけられない。


〈清掃時〉
   ・その子の机や椅子だけが,運ばれないで残っている。
 ・一人だけで掃除をさせられてている。
 ・みんなの嫌がる仕事だけ,毎回させられる。
 ・ゴミ捨ては毎回その子だけさせられる。


〈放課後〉
 ・友達と一緒に帰らず,遠回りして帰る。
 ・なかなか帰りたがらず,教師の周りをうろつく。
 ・友達の荷物やカバンを持って帰る。
 ・授業が終わったら,足早に帰る。


〈その他〉
    ・あざや擦り傷が最近多くなる。
 ・作品が捨てられていたり,いたずら書きがされていたりしている。
 ・その子だけの配布物が渡らない。
 ・持ち物が頻繁になくなるようになる。
 ・持ち物が切り刻まれている。
    ・集金が滞る。


 子どもたちをよく見ていると「決まった交友関係」「子どもの好きな食べ物」「好きな遊び」「好きな学習」などが見えてきます。これが変化したら,要注意ということになります。
  「いつも遊んでいる仲間でない友達と遊ぶようになった」「好きな食べ物なのに,友達に頻繁にあげるようになった」。「あれ,変だぞ」と思ったら,今まで以上に目を掛けていきたいものです。



10:40 | 投票する | 投票数(8)
2021/12/07

いじめに対する教師のスタンス

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  今回は、
「いじめ」に対する教師のスタンスをお話しします。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 


 「いじめ」に対する教師のスタンスを述べる前に質問です。
 下のどれがいじめだと思いますか。
   ・清掃や当番など,自分のやるべきことを他の児童にやらせる。
   ・体操服や教科書,文房具など,忘れ物を他の児童に借りに行かせる。
 ・ノートを人にとらせたり,宿題などを他の児童にやらせたりする。
 ・自分のカバンや荷物などを,無理に他の児童に持たせる。
 ・本人が行きたがらないところへ,無理に誘って連れて行く。
 ・昼食時,給食のおかずを無理に取ってしまう。
    ・金銭や文房具などを借り,そのまま返さない。あるいは捨てる。
 ・金をくれといったり,金を都合してこいと言う。
 ・かげ口を言ったり,ありもしないことを言いふらしたりする。
 ・嫌なあだ名とか,気にしている弱点をズケズケと人前で言う。
    ・他人の身体のことや家庭のことを悪意をもって言いふらす。
 ・人の教科書やノートなどをわざと隠したり,作品を壊したりする。
 ・自分では直接しないで,他の児童を使っていやがらせをする。
    ・他の児童に命じて,暴力をふるわせる。
 ・遊びだと言って首を絞めたり,押さえ込んだりする。
 ・たいした理由もないのに殴ったり,蹴ったりする。
 ・年下の子に,おじぎやあいさつを強要する。
 すべて、いじめが正解。


 これは比較的分かりやすいいじめですが,最近のいじめは,遊び・ゲーム感覚で,しかも,流動化してきています。昨日のいじめられっ子が,今日はいじめっ子。誰でもがターゲットになります。


 「いじめは昔もあった。いじめたり,いじめられたりしながら,その中で子どもたちは強くなっていく。そんなに目くじらを立てることもあるまい」と、その程度の認識の教師はまだいます。そのような教師に限って,いじめられた子どもに次のような言葉を投げかけ,いじめがすっかり解決したと勘違いしている場合が多いです。「いじめられるお前にも責任がある」「それくらい我慢しなさい,昔はもっとひどかったんだから」「もっと自分に強くなれ」「いちいち気にしていたら,これからどうする。生きていけぞ」などなど。


    しかし、最近のいじめは,そんなに甘くはありません。いじめは,どの子にも起こりうるという認識と危機感をもつことが大切です。これがまず一つ目です。

 
 二つ目は,いじめは,早期発見,早期対応を心掛け,事実関係をしっかり把握することです。
 いじめの芽を摘むのは,早ければ早いほどよいです。できるだけ,早期解決を心掛けた方がよいが,焦りは禁物です。何事も,事実関係をしっかり把握した上で,対応しないと,大変な結果を招くことになります。「あの先生は,うちの子どもだけが加害者というのよ。みんなやっていたのに,どうして,うちの子だけ」といった具合になることもままあります。慎重な対応が肝要です。心して当たりたいものです。どんな対応してよいか分からないときは、先輩教師に聞いたり、チームで対応したりすることが肝要です。

 
 三つ目は,観衆,傍観者の指導も忘れずに行うことです。
    はやし立てたり,傍観する行為も,立派ないじめであることを,何度も,何度も繰り返し指導することを忘れないことです。時間がかかるが,根気強く,いじめの芽を摘み取ることが、いじめ撲滅の一番の近道になります。

 
 四つ目は,継続的に支援をすることです。
  「いじめが解決した。ハイ,よかった」というわけにはいきません。心に痛手を負ったことを考えると,単純には,そうはいきません。いじめた子ども,いじめられた子どもも,それぞれを継続的に支援していかなければなりません。いじめられた子どもの立場に立った指導は,後段で詳しく述べます。

 
    五つ目は,対処療法的な指導よりも,予防療法的な指導を常に心掛けておくことが重要です。
  いじめが起きた。「すわ,指導」のような泥縄的指導よりも,常日頃の指導が大切なってきます。友だちを互いに尊重するために「くん」や「さん」を付けて呼ばせたり,道徳授業を充実させたり,分かる授業を展開したり,当たり前のことを当たり前にきちんと指導することが特に大切です。子どもが生き生きして,活気のある学級からはいじめは生まれせん。教師は,この事実をもっと重く捉えるべきで
す。

   いじめられた子どものフォローについても述べてみます。
   いじめられた子どもの心は極めて不安定です。「自分の気持ちが分かってもらえられただろうか」「いじめられる自分も悪いと怒られるだろうか」「いじめをばらしたと言って,もっといじめがひどくなりはしないだろうか」「明日から,どこにいればいいのだろうか」


   そこで,まず,最初にすることは,心の安定を図ってやることです。「先生はどんなことがあってもあなたをいじめから守り通してあげる」という強い姿勢こそが,子どもの心の安定を図る一番の良薬です。

    次に,事実を関係をしっかり把握することです。
 いじめは,先述したしたように早期発見,早期対応を心掛け,事実関係をしっかり把握することです。なお,事実関係を把握する際に注意してほしいのは,加害者と被害者を同席させないことです。同席させると,いじめられた子どもの本当の叫びを聞くことが出来ません。これは,事実関係把握の際の「鉄則」でもあります。

   事実関係をもれなく把握したら,いじめられた子どもが,何をしてほしいか,何をしてほしくないかを聞き,今後の方針を子どもと相談して決めていくことが寛容になります。これは最も大切なところです。場合によっては,先生にしてほしいこと,クラスの子どもにしてほしいことなどを分けていくのも一つの手です。いずれにせよ。十分に時間をとって対応してほしいと考えています。

 
 このあとは,いじめられた子どもの居場所を確保することです。
 いじめられた子どもが,全てを話せば,話すほど,もう教室に戻れない自分に気付きます。このような不安を取り除くために,本人の居場所を考えてあげたいものです。例えば,受け皿となってくれる子どもやグループを探したり,安心していられる場所(保健室など)を探したりすることも,いじめられた子どもの立場に立った指導の一つと言えます。

 
 最後は余談。心理的効果の一つにハロー効果というのがあります。この効果は,ある対象を評価するするときに,顕著な特徴に引きずられて,他の特徴についての評価がゆがめられる現象のことをいいます。例えば,子どものお父さんが超難関大学出の弁護士なら,その子どもは学力だけでなく,人格的にも優れていると勝手に思い込んでしまうなどは,そのケースといえます。


   しかし,超難関大学出の弁護士の子どもだからといって,人格的に優れているとは限りません。ところが,教師の中には,ハロー効果をまともに受けて「人格的に優れている」と勝手に思いこんでしまう教師も中にはいます。そんなことだから,この子に限っていじめはあり得ないと弁護し,いじめが行われているのにまともに取り上げず,事態をさらに悪化させてしまう場合も出てきます。「まさか?」と疑いたくなるような,本当の話である。              
 恐るべしハロー効果です。                              (ハロー効果は,「後光が差す」ということで「後光効果」とも呼ばれています。)    



08:15 | 投票する | 投票数(9)
2021/12/03

いじめ~学級風土~

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  
家庭に家風があるように,学級にも学級独自の風土があります。
   学級風土は,日頃の教師の個性や指導力に負うところが大です。当然といえば、当然のことなのですが。どんな学級にしていくかは,まさに教師次第といえます。それだけに,いじめがいつ発生してもおかしくない風土が形成される学級も出現します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 


 例えば,こんな学級にはいじめが発生しやすいという例を示します。


 ①だらしのない学級
 ・何日も清掃されていない教室,乱雑に置かれた掃除用具,整理整頓されていないロッカーの中,ゴミ箱からあふれ出たゴミの山,教室の至る所におかれている書きっばなしの習字等々,入った人が思わず目を背けたくなるような教室。


 ②言葉遣いが荒い学級
 ・「うるせんだよう」「なんだよう」「ばかやろー」「あっちいけ」「あほー」「お前なんか死んじまえ」「デブ」「おかまやろう」等々。先生がいる授業中でさえ,飛び交う奇声,馬声,揶揄の数々。その言葉遣いに対して,全く意に介さない先生。あるいは,先生自らが,荒れた言葉遣いをしている学級。


 ③学級の雰囲気がしらけている学級
 ・学級のみんなで何かしようと思うと,「やればー」,「なんで俺がしなくちゃなんねーの」,「こんなのかったるいよ」等とすぐ言う学級。または,一生懸命やることを否定してしまって、「どうせ俺なんか」と投げやりになっている学級。


 ④男の子と女の子がいがみ合っている学級
 ・お互いを尊重せず,常に敵対心を燃やしている学級。異性からの提案については,正当性が認められたとしても,すべて否定。利害関係のみで秩序が保たれている学級。


 ⑤学級に秩序がなくなってしまった学級
 ・学級崩壌し,群雄割拠化してしまったクラス。「ノート」を開きなさいと言っても開かない子どもたち,机やいすの上を飛び跳ねて歩く子どもたち。教室から出て行く子,逆に,時間になっても教室に戻ってこない子ども等々。教師の指示などどこ吹く風の状態。

 
 また,このような学級の他に,都留文科大学の川村茂雄教授は
  ⑥教師が友だち感覚で児童生徒に接する「なれ合い型学級」
    (100人当たりのいじめの被害者出現率は,3.40人)
  ⑦教師の指導が厳しい「管理型学級」
    (100人当たりのいじめの被害者出現率は,4.95人)
が,いじめの出現率が高いと研究成果を述べています。
 馴れ合い型の「メダカの学校」や管理型の「スズメの学校」も,いじめの温床になっているということです。

 

 さて,どのような学級になるかは,教師次第と言いましたが、裏を返せば,教師の心構え一つで,どうにでも学級も変えることができるということでもあります。
  前述した川村茂雄教授は,次のような研究成果も述べています。「親密な人間関係,最低限のルールが守られている満足型学級は,いじめの出現率は,100人当たり1.38人と低い」と。

  とするならば,このような学級を目指せばよいのではないでしょうか。具体には,
  ・相手の悲しみや苦しみに共感できる学級
  ・やればできるという自信をもった学級
  ・お互いのよい点を認め,尊重し合う学級
  ・何でも相談できる学級
  ・学級の一員という自覚をもっている学級
と私は捉えています。
  「よい学級風土は子どもを変えていく」。


 最後にこんな金言を紹介します。
 「霧の中に入れば,覚えずして,衣染み入る。善き人に近づけば覚えずして,善き人に同化する」。
  いかがでしょうか。


08:20 | 投票する | 投票数(8)
12345