ようこそ!あなたは2857人目の訪問者です。
 

教育長室から(若い教育者へ)

教育長室から(若い教育者へ)
12345
2021/12/03new

いじめ~学級風土~

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  
家庭に家風があるように,学級にも学級独自の風土があります。
   学級風土は,日頃の教師の個性や指導力に負うところが大です。当然といえば、当然のことなのですが。どんな学級にしていくかは,まさに教師次第といえます。それだけに,いじめがいつ発生してもおかしくない風土が形成される学級も出現します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 


 例えば,こんな学級にはいじめが発生しやすいという例を示します。


 ①だらしのない学級
 ・何日も清掃されていない教室,乱雑に置かれた掃除用具,整理整頓されていないロッカーの中,ゴミ箱からあふれ出たゴミの山,教室の至る所におかれている書きっばなしの習字等々,入った人が思わず目を背けたくなるような教室。


 ②言葉遣いが荒い学級
 ・「うるせんだよう」「なんだよう」「ばかやろー」「あっちいけ」「あほー」「お前なんか死んじまえ」「デブ」「おかまやろう」等々。先生がいる授業中でさえ,飛び交う奇声,馬声,揶揄の数々。その言葉遣いに対して,全く意に介さない先生。あるいは,先生自らが,荒れた言葉遣いをしている学級。


 ③学級の雰囲気がしらけている学級
 ・学級のみんなで何かしようと思うと,「やればー」,「なんで俺がしなくちゃなんねーの」,「こんなのかったるいよ」等とすぐ言う学級。または,一生懸命やることを否定してしまって、「どうせ俺なんか」と投げやりになっている学級。


 ④男の子と女の子がいがみ合っている学級
 ・お互いを尊重せず,常に敵対心を燃やしている学級。異性からの提案については,正当性が認められたとしても,すべて否定。利害関係のみで秩序が保たれている学級。


 ⑤学級に秩序がなくなってしまった学級
 ・学級崩壌し,群雄割拠化してしまったクラス。「ノート」を開きなさいと言っても開かない子どもたち,机やいすの上を飛び跳ねて歩く子どもたち。教室から出て行く子,逆に,時間になっても教室に戻ってこない子ども等々。教師の指示などどこ吹く風の状態。

 
 また,このような学級の他に,都留文科大学の川村茂雄教授は
  ⑥教師が友だち感覚で児童生徒に接する「なれ合い型学級」
    (100人当たりのいじめの被害者出現率は,3.40人)
  ⑦教師の指導が厳しい「管理型学級」
    (100人当たりのいじめの被害者出現率は,4.95人)
が,いじめの出現率が高いと研究成果を述べています。
 馴れ合い型の「メダカの学校」や管理型の「スズメの学校」も,いじめの温床になっているということです。

 

 さて,どのような学級になるかは,教師次第と言いましたが、裏を返せば,教師の心構え一つで,どうにでも学級も変えることができるということでもあります。
  前述した川村茂雄教授は,次のような研究成果も述べています。「親密な人間関係,最低限のルールが守られている満足型学級は,いじめの出現率は,100人当たり1.38人と低い」と。

  とするならば,このような学級を目指せばよいのではないでしょうか。具体には,
  ・相手の悲しみや苦しみに共感できる学級
  ・やればできるという自信をもった学級
  ・お互いのよい点を認め,尊重し合う学級
  ・何でも相談できる学級
  ・学級の一員という自覚をもっている学級
と私は捉えています。
  「よい学級風土は子どもを変えていく」。


 最後にこんな金言を紹介します。
 「霧の中に入れば,覚えずして,衣染み入る。善き人に近づけば覚えずして,善き人に同化する」。
  いかがでしょうか。


08:20 | 投票する | 投票数(0)
2021/11/29new

いじめの構造

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  
いじめは四層構造から成り立っています。
    第一層は被害者。
    第二層は加害者。
    第一層と第二層を取り囲むように、第三層の観衆。
 さらに、第三層を取り囲むように第四層の傍観者が、学級には存在します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 


いじめは四層構造から成り立っています。
    第一層は被害者。
    第二層は加害者。
    第一層と第二層を取り囲むように、第三層の観衆。
 さらに、第三層を取り囲むように第四層の傍観者が、学級には存在します。

    層の中心が被害者で,第二層がその被害者をいじめている加害者ということになります。被害者は,一人の場合が多いですが,加害者は複数であることが多いです。
  一見,親切。実は,親切という名のいじめ押し売り。
  一見,遊び。実は,プロレスごっこといういじめ。
  一見,身体が触れたかのよう。実は,身体にぶつかる(肘を入れる,蹴りを入れる)といういじめ。
  一見,間違って給食をこぼしたかのよう。実は,意識的にこぼすといういじめ。
 一見,冗談のよう。実は,本気の脅し。いじめは,年々,巧妙化し,陰湿になってきている。

 次に,被害者と加害者の外にいるのが第三層の観衆です。
 観衆とは,いじめをおもしろがって見ている子どもたちです。被害者には直接手は出しませんが,積極的にいじめを支持する,なかなか巧妙な子どもたちでもあります。何かことが起きたとき「見ていただけです」と,いつでも罪から逃れることができるようなスタンスをとります。


 さらに,観衆の外を第四層の傍観者が取り巻いています。
 傍観者とは,いじめが起きているにもかかわらず,見て見ぬ振りをする子どもたちです。いらぬ注意をして,自分の方に矛先が向くことを極端に嫌う子どもたちで、「触らぬ神にたたりなし的な子どもたち」といってもいいです。
 このように,いじめは四層構造から成り立っています。



   さて,クラスにいじめが発生したとします。
   教師は,いじめの早期解決を願うあまり,被害者と加害者を呼んで事情を聞き,これからいじめを絶対してはいけないことを指導し,最後は,握手などして終わり。そして,「めでたし,めでたし」と安心している教師が多いのですが…。



  ところがどっこいです。これでいじめが解決したら,大間違いです。確かに,教師の指導で,いじめは一時的に収まるかもしれません。
しかし,それはあくまで「見た目」だけで根本的な解決には至っていません。必ずいじめは再燃します。なぜ再燃するのでしょうか。それは,火種を残しているからです。

  
 
 火種とは,そう,いじめ四層構造の第三,四層の子どもたちです。この子どもたちの指導がまるっきりなされてないからです。ある意味では,たちの悪い子どもたちの心を変えなければ,また,同じことを繰り返えします。この層の指導こそ,最も難しいといえます。教師が,この層の子どもを完全に制圧しない限り、いじめは根絶はしません。


 撲滅の一つの方法は,「このクラスでいじめは認めない。理由の如何を問わず,いじめられた人を先生はかばう。そして,その際は,先生が相手だと思いなさい。」などと,はっきりした姿勢を子どもに示すことです。四月の学級開きなどに「いじめは認めない」「理由の如何を問わず,いじめられた人を先生はかばう」「いじめに対しては断固闘う」「先生が相手」などの強いメッセージを投げかけておくことが寛容です。教師の凛とした姿勢が,いじめを認めない学級風土をつくります。


 
 「麻の中の蓬(よもぎ)」という諺があります。まっすぐ生え育った麻の中で,一緒に育てば,曲がりやすい蓬も麻の影響を受けて,まっすぐに伸び育つ意から,いい人間と付き合えば,その人間に感化されて,誰もがいい人間になるということであります。
 泥縄的な指導より,普段からのいじめは許さないという学級づくりが極めて大切です。


09:06 | 投票する | 投票数(3)
2021/11/24

教師十戒

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
「教師の十戒」のメモは,先輩教師からいただいたものです。
 手帳に書き写し自分を戒めてきました。
 これも皆さんにも紹介します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

 
 教師の十戒(作成者は不詳)
   ①子どもを人質にするなかれ
     ・保護者に言われたことを子どもにしっぺ返しをしない心がけが大事です。
   ②えこひいきや差別をするなかれ
     ・公正公平の精神をモットーに心がけます。
   ③体罰をするなかれ
     ・力でなく心で諭します。
   ④酒・金・異性にとらわれるなかれ
     ・酒に溺れず,人の金,公金に手を出さず,異性関係には心することです。
   ⑤三トするなかれ
     ・リベート,プレゼントは受け取らず,アルバイトはしないことを肝に銘ずることです。
   ⑥人の悪口は言うなかれ
     ・天につばするようなものです。
   ⑦保護者の家にむやみに出入りするなかれ
     ・噂が広がります。
   ⑧子どもや親の欠点を見るなかれ
     ・人の長所を見る目で接します。
   ⑨子には親の,親には子の悪口を言うなかれ
     ・むしろ,励ましとほめ言葉をいいます。
   ⑩仕事や義務を逃げるなかれ
     ・怠け心に負けてさぼらないことです。

 今となっては⑤などは,その時代を感じさせますが,一つ一つを改めて見てみると極めて大切なことが記されています。ぜひ,参考してほしいと思います。

 せっかくの機会なので,⑩の「仕事や義務を逃げるなかれ」ということにちょっと触れてみます。 私たちの仕事は大まかに分類すると「個人作業」と「協働作業」に二つに分けられます。個人作業とは,学級運営を任された学級担任の仕事などを個人作業といいます。普段の授業などは,全くもって個人作業といえます。一方,他の先生方と協力しながら,例えば,運動会や学習発表会などこを形作っていく仕事などをは「協働作業」といえます。


 この二つの仕事形態でもって,教師の仕事が成り立っています。

 もし,「教師の十戒」の⑩のように仕事や義務を怠けたらどうなるでしょうか。
 当然のように,どちらの仕事も,子どもにしわ寄せがいきます。「仕事や義務を逃げるなかれ」ということは,自分だけの問題ではないということです。

 プロになることを就職という。プロとは,その分野の仕事でお金をもらう人のことを言います。お金をもらっておいて「仕事や義務を逃げる」。これ,まさに給料泥棒です。
   ある人は,仕事を「死事」と言っています。その意は,死ぬほどの思いで事に当たるから「死事」ということです。気合いが違います。性根が違います。

  「教師の十戒」を見ながら,「おごるな,隠すな,我が身を正せ」というのはどうでしょうか。
                                


08:37 | 投票する | 投票数(3)
2021/11/15

帰りの会

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 帰りの会は、なぜするのでしょうか。 
  「改めて聞かれと困っちゃうよ,だって,前からしていたんだもの」と答える教師が多いのではないでしょうか。そんな程度にしか捉えてないから,やってもやらなくてもいいような会になってしまうのではないでしょうか。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

 
  
  帰りの会は,注意(説教)は最小限にして,明日の活力になるように心掛けました。

  ①めあての反省
     ・「めあてが守れた」,そのときは大いにほめました。その反対の場合は,どうすればめあてが達成できるかについて考えさせました。「できませんでした,ハイ。終わり」とはしませんでした。どうすればできるようになるか,そこに私はこだわりました。解決策が見出せないときは家で考えてくるようにもしました。それで,二日続けて同じめあてになったということもあります。できなければ続ける,これが私のクラスのやり方でした。懺悔はいくらでもやれます。しかし、それでは解決になりません。  
            
 ②明日の予定
     ・しっかりメモを取らせて忘れ物がないようにさせました。学習材の準備のお知らせは,明日の今日ではダメで、時間的余裕をもって伝えておくことが大切になってきます。
     ・明日の予定の中に「先生の話」を盛り込み、主として,命にかかわること,特に,交通事故,不審者等への注意を話し方を変えながら呼び掛けました。

 ③本の読み聞かせ
     ・最後は,紙芝居だったら1話,本だったら5分程度読み聞かせを行いました。紙芝居は完結させましたが、本は途中まで読んで「続く」としました。「次はどうなる」と言うことで,子どもは毎回これを楽しみにしていました。高学年でも楽しみにしていました、どうぞ、やってみてください。

 ④帰りのあいさつ
     ・日直さんの号令のもと「明日もこの教室で楽しく勉強しましょう」という心を込めて元気よくあいさつを交わしました。
    ・帰りの会のあとは,私とじゃんけんをして勝った人から帰るというゲームをしたり,帰る途中に何人に人と挨拶するかを競い合わせたりしながら,一日を終えるように工夫しました。

  以上が,2回にわたる朝の会や帰りの会のプログラム例です。この他に,子どもがウキウキする,もっとおもしろいプログラム例があると思います。様々なものを取り入れて,意味ある朝の会や帰りの会にしてほしいものです。



10:06 | 投票する | 投票数(7)
2021/11/09

朝の会

| by 教育長

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 朝の会や帰りの会をなぜするのでしょうか。 
  「改めて聞かれと困っちゃうよ,だって,前からしていたんだもの」と答える教師が多いのではないでしょうか。そんな程度にしか捉えてないから,やってもやらなくてもいいような会になってしまうのではないでしょうか。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 


 まずは朝の会から。
 ①朝のあいさつ
    ・日直さんの号令のもと。「今日もこの教室で楽しく勉強しましょう」という心を込めて元気よくあいさつを交わします。
 ・挨拶の「挨」は開く,「拶」は迫るの意味がある。また「挨」は押す,「拶」は押し返すの意味がある。「挨拶されたら,必ず返しなさいよ」と言葉の意味を教えたりもしました。
    ・また,礼は15度,敬礼は30度,最敬礼は45度なども教え、練習などもしました。


  ②健康観察(出欠調べ)
    ・健康観察と出欠調べを一緒に行うところが多く、私もそうでした。
    ・健康観察は,声の大きさ,表情,外観など一人一人の様子をまんべんなくチェックすることです。子どもの中には,朝食をとらない,排便をしない,寝不足がち,腹痛,かぜぎみなどで登校してくる子どももいいます。これらを把握して,適切な指導(保護者に連絡を   するなど)をするのもこの時間です。また,いじめの火種を抱えている学級や家庭に問題(幼児虐待や養育放棄)を抱えている学級はさらに,目をこらして子どもたちを観察する必要があります。


  ③朝の歌
    ・朝の歌は元気づけにもってこいです。ここでも子どもの目の輝き,顔色,声の響きなどから子どもの調子がチェックできます。私が学級をもっていたときは,「NHKのみんなの歌」を歌いました。1年かけて全曲覚えようが私のクラスの目標でした。「北風小僧の寒   太郎」や「コンピュータおばあちゃん」など朝から気合いを入れて歌いました。
(古い話ですみません)

   
  ④係からの連絡
    ・係活動を円滑にしていくために,みんなに知っておいてもらいたいこと,みんなに守ってほしいことなどをここで発言させました。何も言うことがないときは,このプログラムはパスしました。


  ⑤1分ちょっとのスピーチ
    ・話す力を鍛えるために設けたコーナーです。1分間スピーチというと1分以内で終わってしまいますので、「1分ちょっとのスピーチ」としました。これですと、次第に2~3分朗々と話す子が出てきます。
 ・毎日一人ずつ行います。話題は学校や家で見たり,聞いたり,感じたりしたことなどを1分ちょっとにまとめて発表させました。継続は力なりで1年も続けると,驚くほど話し方が上手になります。


  ⑥今日のめあて
    ・どこの学級でもめあてを設定する思いますが,私の学級ちょっと工夫してめあてを立てさせました。例えば,「今日は,友だちに親切にしよう。そのために,友だちがうれしくなることを3回以上することを心掛けよう」「一生懸命勉強しよう。そのために,3回以上質問をしよう」といった具合に,めあてのあとに具体の方策を盛り込ませました。めあては長くなりますが,具体の方策が示してあるので,めあてを意識して1日を過ごすことができました。この方法はお題目倒れにならないための一つの手段でもありました。


  ⑦先生の話
    ・必要最小限のことを話す,これがミソです。間違ってもスタートから,訓示にならないようにすることです。また,朝から子どもたちが,暗くなるような話題は極力避けるようにしました。
    ・ただし,時間に余裕がある時は,子どもが理解できそうな新聞やテレビの話題,本を読んで心を打たれたこと,先生の失敗談や成功例などを軽く話して聞かせもしました。
      これが意外と好評を得るときもありました。


14:10 | 投票する | 投票数(7)
12345