ようこそ!53586人目の訪問者です!
 
お知らせ

~子どもをリスクや危機から守ること~
リスクはどこにでもあります。

常日頃から,「リスク」を認識し,家庭・地域・学校が連携しながら,学校の安全・安心を実現していくことが大切です。
スクールバス停も学校の一部とみれば,地域での登下校見守り等をさらに強化していく必要があります。ご協力よろしくお願い申し上げます。
「いかのおすし」の徹底について,ご家庭や地域でも,適宜,お声掛けをよろしくお願いいたします。
また,水難事故防止に向けて,ため池や川などにも近づかないことも,合わせてお願いいたします。
危険を察知し,とにかく逃げること,危険から遠ざかることが大切ですね。
学校の教職員一同,「危機管理は何事にも優先する」重要な仕事と心がけ,日々の業務に専念して参ります。通学路を含めて気になることなどがございましたら,ご連絡いただければ幸いです。何卒,よろしくお願いいたします。
 ※いない,らない,おきな声を出す,ぐに逃げる,らせる

 
活動日記

2019/06/10

縦割り活動_Let's start from knowing each other.

| by 松二小管理者
令和元年度縦割活動がスタート !
6月7日(金)はあいにくの雨模様でしたが,松二小は児童の縦割り活動(8つのグループ)で元気にスタートしました。
今年度最初の活動です。高学年児童が中心となって,自己紹介,グループのめあての話し合いの後,ゲーム活動を通じて楽しく過ごしました。また,お昼のお弁当も縦割りグループでおいしくいただきましたよ。
ところで,学校教育で頻発に使う「縦割」という言葉,世間ではあまり良い意味では使われていませんね縦割社会(a virtically divided society)などがその例です。国際的には「異年齢集団による活動」とかの方が説明しやすいかもしれませんが,背景や補足説明が必要でしょうか。
▼自己紹介を行う児童たち
"Let's start from things that we know one another well." 大人社会でも大切なことですね。


▼高学年がリーダーシップを発揮しての話し合い

▼新聞紙にどこまで乗れるかな(ジャンケンに負けたら半分りだよ)

▼恒例の宝探し(Treasure Hunting),あっという間に見つけました。

▼記念写真(グループ毎に撮りました)

16:49 | 投票する | 投票数(5) | 学校行事
QRコード