ようこそ!23372人目の訪問者です!
 

お知らせ



  SUNTRY東北サンさんプロジェクト チャレンジドスポーツ体験教室が行われました
 
宮城MAX(車椅子バスケットボール)の選手5名が来校。5.6年生が体験し、全校児童が競技用車椅子の体験をしました。保護者の方も多数の御来校ありがとうございました。
 サントリーホールディング 様 日本フィランソロピー協会 様 河北新報 様 スタッフの皆様 そして宮城MAXの皆様 子供たちをきらきらした目にしていただきありがとうございました。 

 気を付けましょう
 東日本旅行鉄道(JR東日本)東北本線駅 品井沼駅が建替えとなります。
 これに伴い工事のための通行区分の変更や工事車両の通行が予想されます。これまで以上に駅前を通過する際には注意をしてください。
 ちなみに品井沼駅舎は1932年(昭和7年)竣工 人間で言えば87歳となります。多くの鉄道ファンが木造の駅舎を訪れているようです。
 
活動日記

2019/09/11new

プール納め プール頑張り賞 

| by 松五小管理者
 本日(11日 朝)プール納めを行いました。
 6人の代表児童が感想を発表しました。天候には恵まれませんでしたが、それぞれの目標を達成できたことを話してくれました。

 25メートルを泳げるようになった2年生の代表の話です。(全文)
 わたしは、水えいでがんばったことがたくさんあります。それは、水にうくこと、水の中でかいてんすること、プールのかべをけってぐーんとすすむこと、そしてクロールです。
 さいしょは、プールの横の長さの半分ぐらいしかおよげませんでした。うまくすすまず、すぐにくるしくなって立ってしまいました。
 すいえいのじゅぎょうでだるまうきや水中かいてん、プールのかべをけってどこまですすめるのかのれんしゅうをたくさんしました。そのおかげで、上手にできるようになりました。いきつぎをしなくても、けのびとバタ足でプールのよこをおよげるようになりました。
 そして、先生にクロールのいきつぎのしかたを教えてもらいました。何度も練習していきつぎが上手になりました。
 いよいよ25メートルへのちょうせんです。1かい目のちょうせんでは、とちゅうで口に水が入ってしまって立ってしまいました。
「つぎこそは、ぜったいにおよぐ。」と思いました。
 2かい目のちょうせんです。いきつぎに気をつけておよぎました。半分すぎたころからいきはくるしくなりました。でも、バタ足で水をしっかりけりました。プールのかべが見えました。「もう少しだ。」
 プールのかべに手が届いたときにはとてもびっくりしました。
「やっと25メートルおよげた。」そして、つぎもがんばるぞと思いました。もっとはやくおよげるようになりたいです。




  夏休みにはたくさんの子供たちがプールに来てくれました。
 今年のプール開放回数は、全部で12回(日数では8日)でした。雨で中止が2日 高温で全日中止が2日、午後中止が2日ありました。限られた開放日ではありましたが、のべ303人の利用者があり、一人あたり平均4.2回(午前1回、午後1回と数えて)利用したことになります。
 2名がパーフェクト賞を受賞しました。


09:15 | 投票する | 投票数(2) | その他
QRコード