ようこそ!39310人目の訪問者です!
 
お知らせ

~子どもをリスクや危機から守ること~
リスクはどこにでもあります。

常日頃から,「リスク」を認識し,家庭・地域・学校が連携しながら,学校の安全・安心を実現していくことが大切です。
スクールバス停も学校の一部とみれば,地域での登下校見守り等をさらに強化していく必要があります。ご協力よろしくお願い申し上げます。
「いかのおすし」の徹底について,ご家庭や地域でも,適宜,お声掛けをよろしくお願いいたします。
また,水難事故防止に向けて,ため池や川などにも近づかないことも,合わせてお願いいたします。
危険を察知し,とにかく逃げること,危険から遠ざかることが大切ですね。
学校の教職員一同,「危機管理は何事にも優先する」重要な仕事と心がけ,日々の業務に専念して参ります。通学路を含めて気になることなどがございましたら,ご連絡いただければ幸いです。何卒,よろしくお願いいたします。
 ※いない,らない,おきな声を出す,ぐに逃げる,らせる

町内学校空調設備整備工事について
6月より空調整備の工事が行われており,プール脇に仮設事務所が,
また,校内敷地には仮設足場が設置されております( 足場の撤去は7月13日(土)の予定。)
お車で来校される方は,工事車両に十分注意されるようお願いいたします。
なお,キュービクル工事や試運転は10月の予定です。
上記の掘削工事に伴う通行止めについて
掘削作業及び配線・配管等の工事のため,以下の日程で校舎北東側からプール脇を通って
抜ける道が「通行止め」となります。
7月14日(日)~15日(月) 8:10~17:00
7月19日(金) 8:45~14:00

 
活動日記

2019/02/06

LCM_高校入試問題にも

| by 松二小管理者
「小学校の算数」が高校入試にも出たよ!
第19回「校長室からの挑戦状」で最大公約数や最小公倍数の問題を出しましたが,1月31日に実施された前期選抜の数学で最小公倍数に係わる設問がありましたね。もちろん,中学レベルですから,方程式を使って解く必要もありますが,最小公倍数(LCM: The Least Common Multiple)や倍数等の基本事項は5学年で学びます。この問題は定番ですので,しっかりと復習し,パターンを頭に入れておきましょう。
▼第20回数問題


※最小公倍数関係の話題としては,13年ゼミと17年ゼミの話が有名ですね。大発生の時期が重なると,交雑で周期が変わり,数が減ってしまうため,種の保存の観点から自然界では不思議な仕組みが形成されているのですね。→13と17の最小公倍数は221です。221年に1回しか重ならないことになります。
11:56 | 投票する | 投票数(8) | 校長室より
QRコード