ようこそ!4076人目の訪問者です!

 

お知らせ

松島中学校です。生徒の日々の様子を発信しています。
 

活動日記


2018/08/27

2学期始業式の式辞

| by 松中管理者


「負けたことが悪いのではない、負けたことでだめになることが悪いのです。」(始業式より)
                松島町立松島中学校長 佐々木 清 光

37日間の夏休みが終わり、皆さんとの学校生活が、今日から始まりました。

 この夏休みは、私は教頭先生と分担して、野球、サッカー、柔道、バドミントン、吹奏楽コンクールなど、それぞれの大会会場を訪れました。とりわけ、柔道大会は、4人の選手が粉骨健闘の大活躍でした。私は、次の会場に行くことも忘れ、決勝に出場した菅原輝くんの戦いを初戦から決勝まで応援してしまいました。野球部は猛暑の中、秀光中学校(県大会優勝・全国準優勝)と熱戦を繰り広げました。サッカー部は中山中学校(県大会優勝)と追いつ追われつ熱戦を繰り広げました。バドミントンも大観衆の熱気の中、力を出し切っていました。残念ながら、ソフトテニスと水泳は応援することが出来ず申し訳なく思っています。顧問の先生から、皆さんの戦いぶりを伺っています。

それぞれの大会において、これまでの一生の中でも、貴重な体験を積んだことと思います。また、吹奏楽部は、私は多賀城文化センター内で聞いていました。少ない人数で大編成の部への出場でしたが、味わいのある温かい演奏であったと感じています。

また、878日 夫婦町である「にかほ市」から招待を受け、第8回中学生リーダー研修会に5名の生徒が参加してきました。市内の施設見学、教育長さんからリーダーとしての心構えについて講話を頂き、貴重な体験をしてきたことと思います。

この2学期は、松島中学校の真価が問われる2学期です。今週土曜日の運動会、来月には、弁論・英語暗唱・文化発表会、新人大会、合唱コンクールなどの文化面でも、新人大会でも皆さんの活躍の舞台が用意されています。

当然、順位が付くものがほとんどです。これまでも、そして、これからも沢山の大会・コンクールなどに出場する皆さんに、次の言葉を贈ります。
  「負けたことが悪いのではない、負けたことでだめになることが悪いのです。」

最後になりますが、この2学期は、中学校生活で長い期間を先輩、同級生、後輩とともに活動することになります。当たり前ですが、心身の調子の良いとき悪いとき、仲の良いとき仲の悪いとき、その日、そのときによって心にも体にも変化があります。先月の終業式でお話ししましたが、「言って良いこと悪いこと、言って良いとき悪いとき」と、ちょっとした言葉遣いが、昨日は良かったのに、今日は違う場面もあるかもしれません。そういった出来事を互いに乗り越え、さわやかな中学校生活をおくれることを願い、2学期始業式の式辞といたします。


10:13 | 投票する | 投票数(8) | 校長室より

QRコード