学校給食経営方針

1.学校給食の目的

  学校給食は園児や、児童生徒の心身の健全な発達と食生活の改善を図り,栄養バランスの取れた食事の提供により,成長期にある児童生徒の健康の保持増進と体位の向上に寄与すると共に,子どもの頃から生活の基礎基本を養い望ましい食習慣の確立をねらいとする。
また食育基本法の趣旨を踏まえ「はやね,はやおき,あさごはん」の徹底を図り,児童生徒や先生とふれ合いの場としての食事を通して,豊かな人間関係を作り、共同作業を通じて勤労の大切さや協調,感謝の心を養うことを目的とする。


2.栄養管理の充実

 献立は,栄養・嗜好・経費・衛生・地域性・調理能力等総合的に考慮するとともに,栄養量については,国の「学校給食摂取基準」を踏まえ,常に献立の研究・調理方法の工夫をしながら学校給食の充実に努める。
 

3.環境衛生対策

 「学校給食衛生管理基準」を遵守し、適切な衛生管理を推進する。

   (1)手洗いの励行
     (2)感染症予防の保菌検査(腸内細菌検査・ノロウイルス抗原検査)
     (3)健康観察
     (4)食品の購入・調理,その他の衛生管理
     (5)センター周辺の環境整備                    


4.安全対策

 調理員の調理従事中の安全確認,機械器具等の取り扱いの指導徹底

 

5.関係機関

  (1)学校給食センター運営審議会の開催

  (2)学校給食担当者会議の開催

 

6.アレルギー等対応

 保護者から学校給食の「全部」又は「一部」の停止届の」提出により、「牛乳のみ」又は「すべての給食」等を停止している。

 毎月の献立表に主な原材料を記載するとともに、必要な家庭には詳細献立(詳細成分表)を配布しています。

 

7.食育の推進等

 栄養士による園児や児童・生徒への食に関する指導、給食だより等の発行による保護者に対する栄養指導及び食生活改善等の啓蒙を図る。また、地場産物を給食に活用し、地域の食文化や食に係る産業、自然環境の恵沢に対する理解の推進に努める。

 

 ○栄養士による食育指導

  町内各幼稚園、小学校、中学校の全クラスで、年2回、給食時に食育指導を行っています。

   29年度実施状況:5~6月「朝食について」

            10月~11月「地場産物について」 

 ○給食センターでは、食育活動の一環として幼稚園児による栽培体験事業を実施しています。

  作物の栽培を通じて、野菜に親しみ、好き嫌いの改善にもつながっています。今年も昨年同様にニンジンを育てています。

   ☆畑の所在:第一幼稚園(第一小学校玄関前)、第二幼稚園(給食センター裏)、第五幼稚園(第五幼稚園)

          収穫まで、水やりや草取りをして大切に育てています。

            収穫されたニンジンは、給食に活用しています。    

            (29年度は、みそラーメン、中華飯、切干大根の煮物の給食メニューに取り入れました。)

                                                              第一幼稚園収穫(10月11日)

 

  ○おいしい地元の野菜を提供してくださる生産者の方々との交流会を毎年小学校で開催しています。

  29年度は、12月15日(金)に、松島町立松島第一小学校の3年1組・4年2組が、野菜農家の方からお話しを伺いました。

  当日は、「地場産推進デー」の特別メニューを町内全ての学校に提供しました。

    <献立>環境保全米(ささにしき)の新米ご飯、まぐろのトマトソース、かぼちゃのそぼろ煮、白菜と大根のみそ汁

    <使用品目>米、トマト、たまねぎ、かぼちゃ、ネギ、白菜、大根