活動日記
『いいね!』と思った記事に、投票をお願いします。
12345
2018/11/15new

Storytellingで想像力を鍛える

| by 松二小管理者
「本屋大賞コンクール」 Storytellingで想像力の育成を!
6学年が「本屋大賞」に取り組んでいます。児童一人一人がオリジナル創作文を楽しみながら作成し,他の児童(ペンネームでの参加です!)の作品を鑑賞しあうものです。国語では,写真から創造したことをストーリーにまとめる授業も行われています。
こうした背景には,SNSの普及に加えて,産業界で右脳を活かす「デザイン経営」の重要性が叫ばれていることが関っているような気がします。想像力は作家や芸術家だけに限ったものではありません。感性や美意識,インパクトのあるストーリー性や文学性をいかに商品・サービスに織り込んで,顧客に訴求していくかが問われます。
左脳の論理性の醸成にプラスして右脳の想像力を大いに鍛え,近い将来社会で活躍して欲しいと願います。ある意味では,意欲さえあれば世界がいくらでも広がっていくとても楽しみな時代ですね。
▼ずらっと並んで作品集,中には原稿用紙20数枚の大作も

▼他の児童の作品を読む児童

15:14 | 投票する | 投票数(3) | 高学年記事
2018/11/13new

曲がりねぎ_Green Onion

| by 松二小管理者
「曲がりねぎ」を学んできたよ!
11月13日(火)午前中に,3学年児童は幡谷の只木ねぎ農園を訪れ,曲がりねぎ」の作り方を学ぶとともに,
畑作業(ねぎ抜き,ねぎを傾斜をつけて寝かす等)を体験してきました。
お土産のねぎを喜んで持ち帰ってきました。また,農園で栽培しているいちごのように甘いトマトもご馳走になったようです。
曲がりねぎはある程度育ったねぎを,一度引き抜き30度の傾斜をつけ寝かせて土をかぶせて作るそうです。
まっすぐな「一本立ねぎと比べて,辛味や香りが強い特徴があるようです。
一本立ねぎの栽培に適さない土地での先人の工夫から生まれたすばらしい産物なんですね。
▼説明を聞きながらメモをとる児童

▼ねぎづくりの一部を体験する児童

▼お土産の「曲がりねぎ」で指示する児童          ▼ねぎ二本(それともピース?)の形をつくる雲(ねぎ二小?)

17:07 | 投票する | 投票数(3) | 中学年記事
2018/11/13new

干し柿と算数_Dried Persimmon

| by 松二小管理者
校長室からの挑戦状NO.10
最近は文字の多い問題文を出しているせいか,参加児童が激減しています。やはり,読むことはかなり億劫なのでしょうか。(当たり前かもしれませんが・・・)
干し柿の配列美は何故か数字を思わせます。ということで,今回は数字の直感を試していただければ幸いです。
ところで,日本の児童生徒は米国,中国などに比べて,「将来に向って自らを磨くよりも,周囲と仲良く,暮らしはそこそこで良いとの思いが強い。」との調査結果。同調・横並び主義が少しばかり強いのかもしれませんね。
これから必要なことは"Think Different!",「定説を疑え!」でしょうか。
▼学校南口玄関の干し柿

▼今回の問題

07:21 | 投票する | 投票数(3) | 学校行事
2018/11/12new

November Stream_Sweet Potatoes

| by 松二小管理者
やきいも大会を行いました
11月12日(月)の午前中に,前週金曜日に予定して雨で流れたやきいも大会を行いました。1学年および2学年の児童が準備作業などを行ってくれました。「甘くておいしい!」との声が多く聞かれました。
のどかな11月,サツマイモと焚き木のほのかな香りがさわやかな風となって校庭一面を覆いました
ちなみに,さつまいもはメキシコを中心とする熱帯アメリカ産で,日本には1600年頃に中国から伝わりました。鹿児島,茨城,千葉が主な産地ですね。
▼やきいも大会工程

▼手際よく準備作業を行う1学年

▼2学年児童,焚き火にいもを投入                

13:43 | 投票する | 投票数(2) | 低学年記事
2018/11/08

Active Learning 読書の世界

| by 松二小管理者
「お話ころころ」,集中して話を聴くことで脳は活性化する
11月8日(木)2,3,4時間目お話ころころのボランティアの皆さん4名が来校し,
全学年(低,中,高学年別)に対する読み聞かせ等を行ってくださいました。
低学年のテーマは「家族」,中学年は「体,高学年は「いきもの」でした。
また,高学年では,ビブリオバトルを行っていただきました。
児童が知らぬ間に話の世界に引き込まれる姿がうかがわれましたね。
お話ころころの皆様に改めて感謝申し上げます。
児童には美しい自然体の日本語のシャワーをたくさん浴びて欲しいと願う
今日この頃です(英語も同じです)。きっと理解力の醸成につながっていくはずです。
▼本校からの「感謝の花」です

15:42 | 投票する | 投票数(6) | 学校行事
2018/11/07

観察・実験の基礎を身に付けよう Experiment

| by 松二小管理者
観察・実験に関する基本的技能を学んでいます
先週,3学年児童が元気に2階ホールで理科の観察・実験活動を行いました。
ゴムの力で物が動くこと力の大きさを変えると動く様子も変化すること
を実験・観察を通して学んでいます。
予想(仮説)を立てる力,差異や共通点から問題を見出す力,仮説を検証する
力などの基礎がこうして養われていくのですね。
▼グループ単位で観察・実験に取り組む児童,楽しそうですね    ▼車が動いた長さを測っています

▼巻尺をしっかり押さえながら                   ▼こんな車を実験で使いましたよ

19:10 | 投票する | 投票数(3) | 中学年記事
2018/11/07

クラブ活動 Club Activities

| by 松二小管理者
今年度のクラブ活動が終わりました。
本校の活動は今日が最後,3学年が来年度からの参加に
向けて見学を行いました。各クラブとも,先輩気分いっぱ
すばらしい紹介を行いました。
どこにいっても,「このクラブに入りたい人は」と聞かれて,
「ハーイ」と元気よく手を挙げる児童がとても多かったです。
複数クラブへの参加はできませんが(笑)。

17:57 | 投票する | 投票数(5) | 学校行事
2018/11/07

避難訓練_Watch out for Fire

| by 松二小管理者
避難訓練(Emergency Drill)を実施,
慎重な行動を心掛けましょう

平成30年11月6日(火)午前中に塩竃消防署殿のご協力を賜り,
今年度の避難訓練(火災)を実施いたしました。
昨年度に比べ避難までの時間が大幅に短縮され,校庭避難に2分3秒,
安否確認報告まで2分43秒
でした。(来年はもっと短縮するかな。)
「いつ,何時,何がおきるか分からない」ことを念頭に,真剣に取り組む訓練を
継続していきます。
なお,避難の後,5学年児童が消火器訓練を実施しました。
一つ一つの体験を大切にして欲しいと願います。生活はその積み重ねですね。
▼消火器訓練に取り組む児童,上手く的に当たったかな

▼なかなか取れないなぁ

11:46 | 投票する | 投票数(3) | 学校行事
2018/11/06

松島歴史巡り Wonderful Matsushima

| by 松二小管理者
松島ロマンの旅 with 紅葉(Autumn Color)
11月5日(月),小雨の中,元気に学校を出発した6学年児童は
教育委員会の学芸員の名ガイドのもと,名勝を訪れ,見聞を深めて
きました。歴史の旅のルートは,
五大堂⇒円通院⇒比翼塚\水主町民家⇒天麟院⇒観
⇒防災センター(昼食)→西行戻しの松⇒雄島       です。
御坊さんたちが苦行を行った雄島をはじめとして,
歴史の奥深さを体験した有意義な旅であったと思います。
「小学校時代」の良い思い出をまた一つ作りましたね。
▼西行戻しの松                            

▼五大堂へ

▼円通院まえで                            ▼いざ雄島へ

▼五十余ある岩窟

11:40 | 投票する | 投票数(7) | 高学年記事
2018/11/06

算数_速さ_Velocity

| by 松二小管理者
感覚的にはこうなんだけど? おかしいな?
今回の問題は感覚的に思う答えと算数の答えの乖離に関するものです。
何故違うのかを納得するには,やはり可視化が便利です。
「速さ」は小学生の児童にとって,理解するのが難しい課題の一つです。
公式を暗記するのではなく,理屈をしっかりと理解して欲しいと願います。
小学校では単位記号の意味を厳密に教えてはいませんが,実は単位をしっかりと
教えれば簡単
です。例えば,時速km/h=距離(道のり)km÷h(時間)ですので,
/で日を表現されています。
時速km/h×時間h=距離(道のり)kmになります。
(※数学的には距離と道のりの意味合いは異なります。)
▼第9回の問題



11:00 | 投票する | 投票数(5) | 校長室より
12345