学校紹介


松島町立松島中学校

〒981-0215
松島町高城字三居山一6番地の1
TEL(022)354-3309
FAX(022)353-3474
開校記念日4月16日

Ⅰ 学区、学校の概要
  松島町の中央部に位置する本校は、町内唯一の中学校であり、多くの町民にとって共通の思い出を持つ母校となっている。それゆえ、地域住民の本校に対する関心は高く、協力体制は強固である。
    生徒は町内3つの小学校から入学し、徒歩・自転車・JR・バスなど様々な手段で通学している。元気な挨拶と先輩・後輩、男女の仲の良さなど好ましい校風が根付いている。卒業後は、地元の松島高校をはじめ、県内の高等学校に進学している。
    活発な部活動は本校の大きな特色・伝統であり、運動部は東北・全国大会に出場を果たしている種目も多く、町民が世代を超えて交流する大切な場となっている。
    東日本大震災では大きな被害を受け、伝統ある体育館(講堂)が全壊し撤去されたが、校舎や体育館の改修・新築が進み、学習環境が整っている。

Ⅱ 学校経営の概要
1 学校教育目標
 「自ら学び、心豊かに、たくましく生きぬく生徒の育成」
  【遠き理想】【高き希望】【明き真理】【深き友愛】

(1)自ら学ぶ生徒
  ①学習意欲の継続、学習課題の解決に向かう生徒
  ②自己評価能力を高める生徒
     ③個性の理解と伸長に努める生徒
     ④学んだことを生かし表現する生徒
(2)思いやりと感謝の心を大切にする生徒
  ①明るいあいさつができる生徒
  ②進んで奉仕できる生徒
     ③互いに認め合うことができる生徒
  ④親や地域に感謝することができる生徒
(3)健やかな心と体を大切にする生徒
  ①自ら生活習慣をつくり出せる生徒
  ②最後まで粘り強くやりとおす生徒
     ③素直に感動する心をもつ生徒
  ④進んで心と体を鍛える生徒

2 学校経営方
    宮城県教育基本方針及び松島町教育方針を受け、本校生徒と地域の実態を踏まえ、校訓である「遠き理想」「高き希望」「明き真理」「深き友愛」を踏まえ、よりよい校風の確立を目指して学校経営に当たる。
    教育の成果を高め、地域や保護者の期待に応える信頼される学校とするため、教育目標「自ら学び、心豊かに、たくましく生きぬく生徒の育成」の具現化に向け、学校課題を明確にし、教職員の共通理解のもと、家庭・地域と連携を深めることをとおして、教育活動を展開する。
    そのためにも、教職員間の情報共有、共通行動を確実に行い、次代を担う心豊かな生徒の育成に努める。さらには、次世代の教育現場を担うであろうミドル(ネオ)リーダーの育成に努める。

3 学校教育目標を達成するための重点施策
(1)学ぶ力の育成
    「学ぶ力」とは、「学び方を習得して、わかるまで、できるまで学ぶ力」及び「自ら学びを楽しみ、自ら学びを深める力」と意味づけをし、問題解決の思考・判断力、問題解決の 技術・自己表現力等の育成に努めるとともに、松島町「家庭学習の手引き(中学校版)」を  活用して、学力の基盤をなす、各教科の基礎的・基本的な知識・技能である「学んだ力」、  関心・意欲・態度の「学ぼうとする力」の育成に取り組む。
(2)心の教育の充実
     生徒理解を深め、道徳教育や特別活動、生徒指導等、学校教育活動  全体を通して、命をはぐくむ心や他者を思いやる心、正義感、倫理感、 社会生活上のルールやマナーの育成に努めるとともに、社会体験や自  然体験等の体験活動に取り組み、豊かな心とたくましい体をはぐくみ、 生徒一人一人の自己実現を図る。
(3)特別支援教育の推進
     社会参加するために必要な力を培うために、生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その 可能性を最大限に伸ばし、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、全校的に支援体制 を確立し、必要かつ適切な指導・支援に取り組む。
(4)志教育の推進
     21世紀をたくましく生き抜くための基盤として、将来の職業や学習との関わりを持たせ た教育活動を推進していく中で、校内活動や地域との活動を通して、「人とかかわる」「より よい生き方を求める」「集団の一員としての役割や責任をはたす」生徒を育成する。
(5)防災教育の推進
     教職員が積極的に防災教育や防災管理にかかわりながら、災害発生時には学校防災マニュ アルに基づき、生徒の安全確保に努めるとともに、身に付けさせたい5つの力と心を踏まえ、 地域防災の将来の担い手となる生徒の育成に努める。
(6)健康・安全教育の推進
     教育活動全体の中で計画的・継続的な指導を通し、生涯にわたり運  動に親しむ資質・能力を育てるとともに、健康・安全に生活できる実  践力の育成や生活習慣の形成に努める。
(7)現職教育の充実
     教職員としての使命と責任を自覚し、豊かな人間性や社会性を養うとともに、学校運営、 学年・学級経営、学習指導、生徒指導等の充実と教育課題(教授法、教育相談技術や特別支 援教育等)の解決を図る実践的な指導力を高める研修を組織的・計画的に実施する。
(8)地域との連携の推進
     社会の中でたくましく生きぬく生徒をはぐくむために、学校・家庭・地域が協働した教育 活動を推進する。また、きまりや約束を守り規範意識の高揚を図り、社会人としての教養を 身に付けさせる。