誇りと絆を育みしなやかに生きる松島人

 
絵文字:マル各種事業紹介
 

学び支援事業

 松島町教育委員会では、子どもたちの自学自習の習慣づくりや家庭学習の推進のため、各学校で放課後等の時間を活用し、学び支援事業を平成25年度より開始しました。
 今年度においても、自由参加の学びの場として、教員免許を持つ学び相談員や大学生などの学び支援員が、各学校に開設する「のびのび松っこ学級」(小学校)「学びの相談室」(中学校)
で子どもたちの自主学習のお手伝いをします。
 子どもたちにチャレンジする喜び、わかる楽しさを実感してもらえるようにバックアップしますので、ご家庭におかれましても家庭学習の習慣づくりや励ましをお願いします。


◎松島第一小学校 火曜日・木曜日
◎松島第二小学校 水曜日・金曜日
◎松島第五小学校 水曜日・金曜日
◎松島中学校   月曜日・水曜日・金曜日
 ※学校行事により中止・変更の場合があります。
 ※各学校とも放課後の開催となります。

のびのび松っこだより

平成30年度
松っこだよりVOL.1

松っこだよりVOL.2

 

まつしま放課後子ども教室

 平成30年度より、「まつしま放課後子ども教室」が町内各小学校でスタートします。
各小学校ごとに、年間10回程度月曜日の放課後に実施します。
 まつしま放課後子ども教室は、子どもたちの安心・安全な居場所づくりを目指した事業です。通常の活動は体育館や校庭で自由に遊ぶ、特別教室で過ごすなど、子どもの自主的な学習や活動を主としております。
 また、スタッフとして元教員やスポーツ推進員に協力をしてもらい、ニュースポーツや工作などの体験活動も予定しています。
 地域のボランティアさんの協力のもと、三校合同での自然活動やレクリエーションなど、特別なイベントも企画しています。


各小学校ごとの紹介プリントです。ご覧ください。
チラシ Q&A(一小).pdf
チラシ Q&A(二小).pdf
チラシ Q&A(五小).pdf
 

仙台大学地域連携協定

仙台大学と松島町は、平成28年12月に地域連携協力に関する協定書を交わしました。

これにより、次のような事業を連携協定としています。
 1.高齢者や障害者等の健康づくりの講演・運動教室等の支援
 2.児童・生徒及び高齢者等の健康増進を目的とした栄養指導等の支援
 3.児童・生徒の学校におけるスポーツ支援
 4.教員養成や現職教員の研修
 5.大学及び学校における教育研究面での協力
 6.その他それぞれが必要と認める事業

平成29年度から松島町教育委員会では、試行的に連携事業を展開していますのでいくつか紹介します。

(1)仙台大学准教授 真野 芳彦先生講演会
 1 期日 平成29年8月22日(火) 14時00分~15時30分        
 2 会場 松島町文化観光交流館(アトレ・るHall)
 3 内容 講演「子どもたちと食事について」
 4
    講師 仙台大学 准教授 真野 芳彦 氏
 町内の幼・小・中学校の教職員が集まり、子どもたちと食事についての講演を聴きました。運動と食事についての様々なご教授をいただきました。

(2)
跳び箱クリニック・キャラバン
 1 目的
    子どもたちが、跳び箱を跳べない最大の理由は「恐怖心があって跳べない」ということが一般的によく言われています。そこで仙台大学と連携して、子どもたちの誰もが跳び箱を跳べるようになることを願ってのクリニックを企画しました。 

 2 日時
  ・第1回目平成30年1月19日(金)〇松島第一小学校 5年生
  ・
第2回目平成30年1月26日(金)〇松島第二小学校 4生生



 3 成果
  跳び箱を跳べない児童は跳べるように、跳べる児童は、さらに美しく跳ぶための技術を一つ一つの動きに分解し指導いただきました。積極的に跳び箱に取り組む児童の様子が見られました。
 

松島発トーマス・エジソン祭り


 平成29年8月11日(金)山の日に、第1回目となる「松島発トーマス・エジソン祭り」を開催しました。
 平成30年度は、7月28日(土)に「アトレまつり」と共催で開催しました。

1 趣旨

    ・松島町では,町内の子どもたちに「もの作り」や「科学技術」に興味・関心をもってもらうとともに,偉人トーマス・エジソンのように目標をもって努力してほしいという願いを込めて,今回の祭りを企画しました。

2 祭りの名称について

    ・エジソンは多くの失敗や敗北を乗り越えた「努力の人」「不屈の人」などとして知られている。 松島町内の子どもたちにも,エジソンと同じように,努力を惜しまないで,コツコツと実績を積み上げる子どもに育ってほしいという願いのもと,トーマス・エジソンの名にあやかり,祭りの名前としました。

3 会場

    ・松島町文化観光交流館 アトレル・る Hall 大ホール

4 参加団体(H29の団体)

 ①JAXA角田宇宙センター 「宇宙飛行士選抜試験にチャレンジ
 ②ダイキンHVACソリューション東北(株) 
  ・エアコンと環境
  ・環境のための努力と工夫
  ・
子供だって節電「エアコンの節電にチャレンジしよう」
 ③東北電力(株)「電気のひみつ発見
 ④株式会社 登米村田製作所 
 ・自転車型ロボット「ムラタセイサク君」のデモンストレーション
 ・工作教室「電子オルゴールを作ろう」
 ⑤宮城県石巻工業高等学校
  ♦化学技術科 ・カラフル人工イクラを作ろう。・カガミを作ろう。
  ♦電気情報科 ・簡単な電子回路の組み立て。
 ⑥宮城県黒川高等学校

 ・ レゴロボット展示・操作
 ・ ソーラー発電装置展示
 ・ 測量機器展示・操作
 ⑦松島町教育委員会
 ・アンモナイトの化石のレプリカづくり
 ・パソコンでゲームのプログラミングに挑戦