誇りと絆を育みしなやかに生きる松島人

 

学校運営協議会制度(コミュニティー・スクール)・地域学校協働活動

 
  学校運営協議会(コミュニティー・スクール)と地域学校協働活動の活動についてお知らせしていきます。

 

活動内容

活動内容
2019/08/08

学校における地域学校協働活動

| by 委員会管理者
 町内各学校においても、地域と学校が連携して様々な取組が行われています。
    
 ◇松島第一小学校
   ・松島探検隊(総合)
   ・松島の芸能:五大堂太鼓(総合)
   ・お気に入りの風景(図工)
   ・見つめよう わが町松島(総合)
 
 ◇松島第二小学校
   ・探検ぼくらの松島(総合)
   ・みんなが住みよい松島に(総合)
   ・田中川を調べよう(総合)
   ・ガラス美術館見学学習(総合)
   ・松島の達人になろう(総合)
   ・松島の歴史や文化を調べよう(総合) 
   ・よその町を訪ね 松島と比較しよう

 ◇松島第五小学校
   ・菊づくり(総合)
   ・たてわり遠足(行事)
   ・瑞巌寺見学、遊覧船乗船(社会)
   ・菱取り踊り学ぶ(3年と4年総合)
   ・たてわり仲良し会(観桜会)(総合)
   ・たてわり遠足:5年(福浦島、五大堂、観覧亭ほか)(行事)
   ・松島歴史巡り(総合)
     (五大堂、円通院、天麟院、雄島ほか)
     (富山大仰寺で座禅)

 ◇松島中学校
   ・キャリア教育「職業人の話を聞く会」
   ・課題解決学習 テーマ「松島」

授業をする生徒のイラスト(女子学生)
13:09 | 投票する | 投票数(1)
2019/08/08

地域学校協働活動推進

| by 委員会管理者
 具体の地域学校協働活動について、ご紹介をいたします。
 まずは、町内の小中学校共通なものです。

 【小学校4年生共通】
   ◇品井沼干拓学習
     ・見学場所の統一
     ・同一講師による説明
     ・見学の順序(鎌田記念館、品井沼干拓資料館)
 
 【小学校5年生共通】
   ◇森林学習
     ・壇山(美林観察、木の種類、チェーンソー体験)
     ・講話「松食い虫の現状と原因・予防」
     ・木工体験
 
 【小学校6年生共通】
   ◇松島の縄文時代
   ◇瑞巌寺見学事前授業
   ◇瑞巌寺見学学習
   ◇座禅体験
   ◇四大観巡り
    ◇松島歴史巡りの旅

 【中学校2年生】
   ◇職業人の話を聞く会

 「松島防災キャンプ」は、希望者を募って行うもので、
  ・松島消防署
  ・松島町消防団
  ・松島町婦人防火クラブ連合会
  ・松島町役場総務課環境防災班
  ・各小中学校の安全主幹教諭、安全担当教諭
等の、協力を得て、
  ・講話「土砂災害について」
  ・非常持ち出し袋の中身を考えよう
  ・消防団車両搭乗体験
  ・ポリ袋クッキング体験
  ・水難救助訓練(ロープワーク、救急救命法、搬送法) 
  ・修了書授与
などを行っています。

会議のイラスト(老若男女)
11:30 | 投票する | 投票数(1)
2019/08/08

地域学校協働活動について

| by 委員会管理者
 コミュニティ・スクール(学校運営協議会)を立ち上げたことは、すでに前項で紹介しました。今回は、コミュニティ・スクールと対をなす「地域学校協働活動」についてお話しします。
 
 地域学校協働活動とは、地域と学校が連携して、地域の高齢者、成人、学生、保護者、PTA、NPO、民間企業、団体・機関等、幅広い地域住民の参画により、地域全体で未来担う子供たちの成長を支え、地域を創生する活動です。

 子供、学校、地域それぞれに対する効果として、子供たちの社会貢献意識、地域の愛着形成、コミュニケーション及び学力の向上、教職員の地域・社会への理解促進、活動を通じた地域の課題解決や活性化などが期待できます。

 イメージ図で示すと以下のようになります。
   本町に関しては、地域学校協働活動はすでにスタートしており、学校の子供にとっては効果大といえます。


10:25 | 投票する | 投票数(1)
2019/08/08

学校運営協議会スタート

| by 委員会管理者
 松島町では、本年度から町内一斉に学校運営協議会(コミュニティー・スクール)を立ち上げました。
 
 すでにご存じのことかと思いますが、コミュニティ・スクールとは、学校と保護者や地域の皆さんがともに知恵を出し合い、学校運営に意見を反映させることで、一緒に協働しながら子供たちの豊かな成長を支え「地域とともにある学校づくり」を進める法律(地教行法第47条の6)に基づいた仕組みです。



 
 学校運営に地域の声を積極的に生かし、地域と一体となって特色ある学校づくりを進めていきたいと考えております。
10:08 | 投票する | 投票数(3)