ようこそ!7799人目の訪問者です!
 

お知らせ



  入学児明会
(2月7日)に御参加いただきありがとうございました。
   降雪時には
   ○学校付近を通過の際には減速をお願いします。
    〇校舎屋根から雪が落ちてきます。コーンを設置しましたのでこの中に
    は入らないようにお願いします。
    〇車での送迎の際も周囲の状況に気を付けて見通しのよい、広いところ
    でお願いします。園児にも気を付けてください。
  〇通用門付近の横断歩道、体育館の陰になる道路、県道229からくぬ
    ぎ台団地に入る丁字路が凍結しますので充分に気を付けて通行して
    ください。
 
活動日記
『いいね!』と思った記事に、投票をお願いします。
12345
2019/02/07

入学説明会

| by 松五小管理者
 平成31年度 新入学児童は11名 昨日は説明会を行いました。
  以下 保護者の方に話した内容の抜粋です
 子供のことばを信じますか?
 例えば学校での出来事で「Aさんに叩かれた」と泣いて帰って来たときに子供のことばを信じますか、ということです。
 私は、信じると信じないと両方の気持ちをもって接してあげて欲しいと思います。子供の話したことは受け止めてあげて欲しい。「そうだよね、痛かったね」とか「よく、がまんして帰って来たね」とか気持ち・感情をしっかりと受け止めてあげて欲しい。難しいことばで言うと「受容」してあげて欲しい。
 その上で、「どんなふうだったのか説明して」とか「Aさんはどうして、そんなことをしたの」といったように子供の行動の全体の姿を距離を置いて理解するようにしてほしいと思います。これはある意味子供をすっかりとは信じないということにもなりますが。言葉での説明が難しい時期には特に一部しか話さないことも(自分に都合のいいことだけをはなすことも)あります。よくよく話を聞く必要があります。
 お配りした県教委のプリントには「子供の声に耳を傾け、寄り添いつつ、よいことをした時には褒め、悪いことをした時は、き然と正しましょう」と書いてありますが、いざやるとなるとなかなか難しいことです。
 しっかりと受け止めて「受容」はするけれども、すっかりとは信じないで「客観的に判断する」ことが必要となります。入学後そんな場面が出てくるかもしれませんので参考になさってください。
 話を聞いても分からないときは学校に遠慮なく相談してください。
 最後に
 「もうすぐ1年生なんだから・・・」とつい言ってしまいがちですが、あまりプレッシャーをかけないで、入学を楽しみにする気持ちを大切にして楽しい気持ちで入学式を迎えましょう。お待ちしています。
14:42 | 投票する | 投票数(4) | 校長室より
2019/02/05

松島町小中学校公開研究会が行われました

| by 松五小管理者
 2月1日(金)松島町の小中学校の先生方が本校に集まり、公開研究会を実施いたしました。
 2年生 音楽  4年生 外国語  6年生 算数 の授業を参観していただきました。
 子供たちは、たくさんの参観者にもかかわらず普段のとおりの態度で授業に参加していました。
 授業を御覧になった先生方の感想を紹介します。(青字抜粋)
・終始楽しい雰囲気で進められ、子どもたちの生き生きとした表情が印象的でした。
・子どもたちはとても良い交流(話し合い)ができていました。
・普段の授業でも自力解決に取り組み、グループ活動に生かしているのだろうと感心しました。
・授業の中でたくさんの意見がでていたことに驚きました。
・英語を積極的に話そうとする雰囲気づくりがとてもよくできていると感心しました。
・「楽しくくり返す」ことで自信を持って話すのだなあと感じました。


 たくさんのお褒めの言葉をいただきました。時間の配分やノートの活用、まとめ、振り返りのやり方など反省すべき点ももちろんたくさんありました。
 貴重な御意見等、ありがとうございました。今後の指導に役立ててまいります。
 うれしいことに他のクラスは自習になっていましたがどのクラスもきちんと課題に取り組んでいました。
10:21 | 投票する | 投票数(6) | その他
2019/01/30

朝会で手話 続き そして大縄跳び大会感想

| by 松五小管理者
 今朝は交通指導をしていてうれしいことがありました。
 いつもどおりの「おはようございます」に加えて、なんと手話付きであいさつをしてくれる子がけっこういました。自己紹介認定を受けた子も一人増えて8人になりました。
 朝の活動では「大縄跳び大会」が行われました。たてわり班ごとに回数を跳んだ数を競う競争です。あまり勝ちにこだわると失敗した子を責めたりすることもあり教師にとっては注意が必要なのですが、本当にやさしく下級生に接する上級生の姿を見て感心しました。あまり学校のことを高学年の児童は話さないかもしれませんが勝ち負けでない部分を聞き出し、ぜひ御家庭でも認めてあげてください。
 
15:12 | 投票する | 投票数(4) | 校長室より
2019/01/29

朝会 手話で自己紹介

| by 松五小管理者
 朝会で手話の話をしました。
 内容は、手話のあいさつの仕方、「おはようございます」、「こんにちは」、「こんばんは」、「はじめまして」、そして指文字を使った自分の名前の表し方、数の数え方です。
 右手と左手の人差し指を立て、おじぎをするように曲げるとあいさつの手話になります、それに「朝」「昼」「夜」を付けると「おはようございます」「こんいちは」「こんばんは」の手話ができることを話すとみんな納得したような表情を見せてくれました。
 自分の名前を入れて、手話で自己紹介ができたら「認定書」を渡すことにしました。早速昼休みに7人の人が挑戦してくれました。子供のものを覚える力はすごいです。楽しく手話のことを知ってくれればいいと思っていますが、なぜ、手話の話をしたかと言えば、子供たちに聴覚に障害のある人のことを知って欲しいという思いからです。
 「聲の形」という映画があり、昨年末にテレビでも放映されました。聴覚に障害のある女の子が様々な誤解を受け、いじめに遭うといった内容でした。フィクションとは言うものの、かなり以前にではありますが、ろう学校(現在の聴覚支援学校)に勤務したことのある私にとっては、かなりショッキングな内容でした。障害についての正しい知識があれば、こんな悲しいことは起こらないのにという思いを強くしました。そんなことから、少なくても年に一度は自分の学校の児童に手話や障害の話をすることを決めました。本校には特別支援学級が四つあります。どの先生もどの子も障害のある児童とごく自然に接しています。私を含めて先生方や子供たちの障害に対する知識や理解がこれからも広く、そして深なっていくことを願っています。
14:08 | 投票する | 投票数(7) | 校長室より
2019/01/24

雪遊び!

| by 松五小管理者

14:31 | 投票する | 投票数(2)
2019/01/24

雪遊び!

| by 松五小管理者

14:30 | 投票する | 投票数(2)
2019/01/24

風雪強し 注意!

| by 松五小管理者
 学校の北側を通行する際には充分注意をしてください。
 学校の通用門付近の横断歩道です。圧雪のため見えませんが北側になり凍ります。停止線で止まろうとしても止まれません。(下左)
 トラックのように左折すると通用門が見えます。
 子供達は左側の民家に沿って歩きます。融雪剤を撒いたところが融けています。(下右)

 体育館北側の道路、やはり北側のため凍り付き融けません。
 事故も発生しています。(下)

 歩道の除雪に御協力いただきありがとうございました。
12:50 | 投票する | 投票数(3)
2019/01/22

児童集会 保健・給食 カレーの話

| by 松五小管理者
 今朝は児童集会(保健給食)がありました。
 保健、給食ともに委員会の児童が三択のクイズ等を用意してインフルエンザウイルスのことや給食の食材のことを説明してくれました。
 全部、面白い内容でしたが、給食のことで出題された問題を一部紹介します。

1 日本人が初めてカレーを食べたのはいつの時代のことでしょうか?
  
  答えは「明治時代」だそうです。
  ※山川健次郎という人がアメリカ留学に行く船の中で食べたのだそうです。
   ※山川さんは会津藩出身、白虎隊として政府軍と戦い、後に東京帝国大学総長となった
  人です。

2 カレーライスはどこの国から日本に伝わりましたか?
  
  インドと答えていた人が多かったですが答えは「イギリス」です。横浜に来たイギリスの施
  設の人が伝えたということです。
  いろいろな工夫をしてどの学年の人にも分かりやすく話をしてくれました。
  自分の伝えたいことをしっかりと伝える力をこれからも付けて欲しいと思います。
  
  ちなみに、本日1月22日は「カレーの日」です。昭和57年に全国学校栄養士協議会が
  学校給食35周年を記念して全国の小中学校で一斉にカレー給食を出したことが由来
  だそうです。この話はでませんでしたので廊下に掲示しました。
  本日の給食はシチューでした。
11:22 | 投票する | 投票数(3) | 学校行事
2019/01/18

五七五

| by 松五小管理者
 最近はテレビで芸能人の方が俳句を詠みちょっとしたブームになっているようです。本校の高学年も少し前になりますが俳句を作りました。5年生と6年生の教室の間にあるスペースに貼ってある作品を一つだけ紹介します。
 
 本日は、朝から降雪がありました。朝の活動ではたてわりグループで大縄跳びをし、業間には雪合戦をして元気に遊ぶ姿が見られます。
 インフルエンザはまだ出ておりませんが体調管理には注意が必要なようです。
10:16 | 投票する | 投票数(2) | 高学年行事
2019/01/17

登校について そして阪神淡路大震災黙祷

| by 松五小管理者
 朝の交通指導をしていて子供たちの顔や保護者の皆さんの様子を見て、いつも「今朝も、よく来たなあ」と心の中でつぶやいています。
 今年度の途中から、他の先生方には春と秋の交通安全週間の時には交通指導をしていただいていますが、その他の時には私が主に立つことにしました。子供たちの顔を見たい、登校の様子を知りたい、交通指導隊の方から地域の情報を教えていただきたい、ご近所の方とも顔見知りになりたい、と様々な思いがあったからです。
 登校時には、多くの児童が元気にあいさつをし笑顔で学校に向かいます。でも、時に顔を曇らせてきたり、苦しそうな表情の時もあります。うちの子も通学距離が長くトイレのことが気になって登校までの準備がドタバタして大変だったり、行きたくないと言い出したりしたこともあったなあ、などと二十年ほど前のことを思い出したりもします。
 最近ベストセラーになった菅野仁さんの「友だち幻想」という本の帯には「『みんなで仲良く』という重圧に苦しんでいる人へ」と書かれています。私は、学校では基本的に楽しくお友達や先生と過ごして欲しいと思っています。しかし、そうではない時、そうではない状況、そうではない子がいることを学校や教師は心に留めておかなければならないと思います。  
 いろいろあるけれども「今朝も、よく来たなあ」そう思いながら見守ることにしています。
 
 阪神淡路大震災から24年となりました。あれは、午前5時46分のことでした。時間が経つにつれて次々に明らかになってくる被害の状況に驚愕したことを覚えています。
 風化させてはいけないし、東日本大震災の時にこの時の教訓が生かされ全国の方から助けていただいたことを忘れてはいけません。犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
     ー黙祷ー
09:23 | 投票する | 投票数(7) | 校長室より
12345
QRコード