ようこそ!25678人目の訪問者です!
 

お知らせ


   
台風19号で被害にあわれた皆さまに、お見舞い申し上げます。
 
本校の児童並びに保護者の方々にいつては無事を確認しております。また、学校施設についても大きな損壊を受けることなく安全が確認できております。ただし、通学路につきましては冠水し不通になっているところが何か所かあります。15日(火)は通常のとおりの登校となりますがお子様の安全に留意されるようおお願いいたします。また、何かありましたら学校まで連絡をお願いします。
 

 12日の学習発表会にはたくさんの御来賓、保護者の方においでいただきました。
子供たちの励みとなりました。ありがとうございました。
 
活動日記
『いいね!』と思った記事に、投票をお願いします。
12345
2019/10/09new

令和元年度学習発表会児童公開終了

| by 松五小管理者
 交通指導で立っていると1年生の第一声が「校長先生、ドキドキする。」でした。今朝は児童公開に向けて早く登校する子が多くいました。
 本番さながらに、自分達の演技や演奏、係の仕事もやってみました。
 12日の本番に向けて、さらに磨きをかけます。こうご期待。

 とにかくかわいい「はじめのことば」
16:00 | 投票する | 投票数(1)
2019/10/09new

フェンスの修繕

| by 松五小管理者
 プール南側と西側のフェンスの工事が始まりました。
 作業用の車がプール更衣室付近に停まっていますので御来校の際はご注意ください。また、正門近くには、見守りの方が付いていますが歩道を歩く際にも頭上にご注意ください。

   「半分、青い。」フェンスの修繕
14:48 | 投票する | 投票数(0)
2019/10/03

甘い香りと音楽と

| by 松五小管理者
 どの学級も10月12日に行われる学習発表会に向けて準備の真っ最中です。朝は学習発表会の全校合唱で歌う「ふるさと」のメロディーが全校に流れています。
 玄関の金木犀からは甘い香りがただよいます。
 令和元年度スローガンは「みんなで作ろう 思い出に残る 学習発表会」です。まもなくプログラムも完成します。
 深まる秋に、地域の皆様、御家族の皆様、ぜひ御来校いただき思い出を作ってください。
  玄関の金木犀が黄色い花をつけました

 菊作り名人に教えていただき育てている菊も大きくなりました

 玄関のお花もきれいに いつもありがとうございます

13:55 | 投票する | 投票数(3) | 校長室より
2019/09/20

楽しかったね 「どんぐりフェスティバル2019」

| by 松五小管理者
  やったぞ「どんぐりフェスティバル2019」
 「児童会まつり」と呼んでいる学校もあるようですが五小では「どんフェス」、3年生以上は、内容を自分達で考えて「お店」を出しました。
  校長先生からのミッションは
 「みんなで楽しむ」「みんなを楽しませる」です。もちろんみんなミッション達成

 3年 ダンボールめいろ(りかしつ)
 4年 ミッションゲーム(4年生教室)
     (輪投げ 輪ゴムてっぽう ストローの吹き矢)
 5年 まつごまんぽけいたいかい(5年生教室)
    かみひこうきらんど(体育館)
 6年 おばけやしき
  【4年 ミッションゲーム】

【3年 ダンボールめいろ】

 【5年 かみひこうきランド まんぽけいたいかい】

 【6年 おばけやしき】


 感想は・・・・・
 「かみひこうきランドが楽しかった」
 「ダンボールめいろが楽しかった」
 「はじめてお店をだした。みんな笑って楽しんでいたのでよかった」
 「受付をして、忙しくて大変だった。何週間もかけて作ったのに
  1日でおわるのはもったいない」
 「まんぽけいたいかいは、始めてやったのできんちょうしたが29人きてうれしかった。来年はさいごなので楽しませるようにがんばりたい」
 「自分たちも楽しめた。おばけやしきには381人きたのでよかった」

 全校児童75人なのに381人のお客様、楽しくて何度も足を運んだということですね。
 ひとりひとりの心に残る「どんぐりフェスティバル」、他の学年とも仲良くなり、クラスの仲間と一つのものを作り上げる楽しさを味わったことでしょう。
 ダンボールやその他材料の収集に御協力いただいた保護者のみなさま、御来校いただきました保護者の皆様、第五幼稚園のみなさんありがとうございました。

11:05 | 投票する | 投票数(4) | 学校行事
2019/09/13

宮城MAX選手が来校 みんなで車いすに乗ったよ

| by 松五小管理者
 サントリーチャレンジド・スポーツプロジェクト チャレンジド・スポーツ体験教室が行われました。
 来校したのは、宮城MAX選手たちです。宮城MAXは車椅子バスケットボールのトップチームであり、日本選手権史上初の11連覇を達成。日本代表の選手も在籍しています。
 宮城MAXの選手にきていただいた目的は二つです。
一つ目は、感じること・・車いすを体験し、車いすバスケの魅力を感じ味わうこと。
二つ目は、考えること・・選手のために用意されたスロープやマット等を見て、だれにでも使いやすい学校、社会の在り方を考えること。

 ちょっと難しいかもしれませんが、いろんな方がいて、いろいろなスポーツがあることを知って、経験して、ちょっとだけ優しい気持ちになればいいなあ、そんなふうに思っています。

 選手の紹介のあと、競技用車いすの説明やルールの説明がありました。
体験授業では車いすに乗り動かし方を覚えて鬼ごっこをしました。そしてすぐに実際にゲームをしてみました。なかなか点数が入りません。

 先生チームは、選手と試合をしました。特別ルールで1分ごとに宮城MAXの選手は一人ずつ抜けていきます。試合時間は5分なので最後は選手が一人に、、、、。でも全く歯が立ちませんでした。
 選手同士の試合は車いすを自由自在に扱うスピード、車いすのぶつかり合う音に驚かされました。
 5,6年生の試合の合間に1年生から4年生は競技用の車いすを体験することができました。「手が疲れる」「まっすぐいかない」「「おもしろい」いろいろな声が聞こえてきました。

 選手のトークでは、電車でスペースを空けてくれたり、声をかけてくれる気遣いがうれしいこと、目標をもって一歩を踏み出すことが大事だということを話してくださいました。また、車いすバスケットにかける思いに胸を熱くしました。
 閉会式ではサインボール、SUNTRY DA・KA・RA、漫画「リアル」をいただきました。個人的にサインをもらいにいく児童もいて、すっかり宮城MAXのファンになってしまったようです。

 最後は「どんぐりころころ」のうたで感謝を表しました。
 仕事に練習に忙しい中来てくださった選手のみなさん、プロジェクトのみなさま、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。
15:00 | 投票する | 投票数(3) | その他
12345
QRコード