活動日記
五小活動日記
2020/01/21

天使の歌声 天使のメロディー 音楽集会

| by 松五小管理者
 今朝は2年生と音楽音楽クラブの発表がありました。
2年生は、歌「ぼくらはみんないきている」3番は振り付きで歌いました。続いて、3~4人組になって手遊びをしながら「ずいずいずっころばし」の歌、最後は、鍵盤ハーモニカで「こぎつね」の演奏、Yさんの太鼓のリズムも合奏にピッタリ。何より楽しそうに歌う姿に聴いているみんなも楽しくなりました。聴いてたお友達の感想発表もすばらしいです。「声がそろっていてきれいでした。」「人数はすくないけれども、よくきこえました。」自分から手をあげてみんなの前で感想を発表できました。

 2年生の発表の後は音楽クラブです。音楽クラブのみなさんは、クラブが終わっても練習を続け今日の発表を迎えたということです。「マンボNo.5」の合奏と「ハナミヅキ」の合唱。人数が少なくても、心に響く歌声でした。どちらの発表も自分達だけで聴くのはもったいない、そう思ったのは私だけではないはず。

12:00 | 投票する | 投票数(1)
2020/01/15

盲導犬学校キャラバン バジルとハッピーが来た

| by 松五小管理者
 3年生の総合「体の不自由な人について学ぼう」の一環として、「盲導犬学校キャラバン」を行いました。3年生の国語教科書に「盲導犬の訓練」があり予習もばっちりの子供たちです。
 日本盲導犬協会の黒田さんと盲導犬のユーザーである藤山さん、藤山さんの通訳者の中田さん、この事業に協賛いただいている県民共済の佐山さん、盲導犬協会のPR犬バジルと藤山さんのパートナーのハッピーも来校しました。子供たちは、はじめて見る盲導犬に興味津々、はやく触ってみたい気持ちが伝わってきました。でも、お仕事中の盲導犬に触ったり、かまったりしてはいけないそうです。(キャラバンが終わったところでハーネスをはずして仕事を終えたバジルとハッピーに触らせてもらいました。)
 中途失明の藤山さんは目が見えなくなったときはとてもショックを受けたそうです。でも、ハッピーと出会い『できない、できない、ではなく自分はやろうとしなかったんだ』と気持ちを切り替え、楽天の応援に出かけたり、ハングライダーで空を飛んだりもしたし、今年はオリンピックの聖火ランナーにも挑戦するそうです。
 黒田さんには「手引き歩行」の仕方も教えていただきました。今日をきっかけに、街で困っている視覚障害者の方がいたら、積極的に声を掛ける、そんな気持ちをもってほしいものです。

              見え方体験 視野が狭い場合を自分の手を使って体験してみました。
15:46 | 投票する | 投票数(3)
2020/01/10

御礼状

| by 松五小管理者
 台風19号被災地への募金活動で集まりました義援金を丸森町、大郷町に寄贈させていただきました。丸森町よりの御礼状と階段踊り場の掲示板(募金活動の写真を掲示)を掲載させていただきます。
 両町共にその後仮設住宅も建てられ、少しずつ落ち着きを取り戻しつつあるとのことです。御協力いただきました皆様にあらためまして御礼申し上げます。

15:03 | 投票する | 投票数(2)
2020/01/08

第3学期始業式

| by 松五小管理者
 第3学期が今日からスタートしました。雨交じりの雪の中、登校する子供たちの手には荷物がいっぱい。久しぶりに会った友だちとたくさんおしゃべりがしたい様子でした。
 始業式では、8名の代表が2学期の感想や3学期の抱負を話してくれました。4年生のTくんは、発表の最後に「みんなもチャレンジしてみてください」と呼びかけていました。十二支の最初の年、オリンピックイヤーでもある2020年が充実した年となることを願っています。

 「カレンダーを見ると7月24日はお休みですが、何の日でしょう?」 
 「何があるでしょう?」
12:53 | 投票する | 投票数(7) | 行事
2019/12/23

第2学期終業式

| by 松五小管理者
 第2学期終業式
 本日は、音楽室で終業式を行う予定でしたがインフルエンザのため、お休みの児童も多く、感染予防のため放送での式となりました。代表児童も3名が休み、1年、2年、3年の代表3名が2学期の感想と3学期の抱負等を発表してくれました。マイクの前でとても立派に発表してくれました。話し終えた後の拍手が放送室まで聞こえました。
 私からは、4年生の田〇そ〇〇さんの作文を読み、話をしました。
作文の内容
 次に、やりとげた事についてしょうかいします。私は今年さか上がりにちょうせんしました。初めは上手にできなくて、くやしかったです。なので、毎日練習しました。さか上がりのできる角〇〇〇ちゃんにアドバイスをもらいながら練習しました。けれど、なかなかできなくて、〇〇ちゃんに、「サッカーボールをけるちょうにしてみたら?」と言われてやってみたら、すぐにできてびっくりしました。今振り返ると「なんででっきなかったんだろう?」と思いました。
 この作文からお話したいことが二つあります。
一つは、努力をし続けるといつかできるようになる、ということ。
二つ目は、一緒にいてくれる友だちはとても大切だ、ということ。
 今まで以上に、何事もあきらめずにがんばれる、そして教えたり、教えてくれるお友達と仲良くできる3学期になればいいですね。
 1月8日には、事故なく元気に登校してください。
12:00 | 投票する | 投票数(4) | 行事
2019/12/17

認知症サポーター

| by 松五小管理者
 5年生が「認知症サポーター研修会」を受講いたしました。
 高齢になると様々な機能が衰えできないことも多くなりますが、研修会では高齢者の方の特性を理解するとともに「もの忘れ」と「認知症」の違いなどについての説明を聞きました。
 自分のおじいちゃんやおばあちゃん、おっぴさんを思い浮かべながらしっかりと話を聞いていました。

14:00 | 投票する | 投票数(2)