ようこそ!あなたは14996人目の訪問者です。
 

QR

 

家庭学習サービス

 

もみの木教室

 

心のサポート班

 

みやぎの家庭学習支援サイト

 

子供の学び応援サイト

 

24時間子供SOSダイヤル

 

ようこそ松島町教育委員会です。

 

差別がない、みんなが思いやりの心を持って支え合う町に

シトラスリボンプロジェクトに参加します
新型コロナウイルス感染症の拡大が長期化しているなか、感染した方やそのご家族、医療従事者の方々に対して「うわさ話」や「心ない言動」「不当な扱い」など悪質な差別行為や誹謗中傷が全国的に問題となっています。
新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性のある病気ですし、ど
んな場合であっても、不当な差別、偏見、いじめなどがあってはいけません。

誰もが地域や職場(学校)に帰ってきたとき、誰もが支え合えるまち、笑顔で住み続けることができるまちとなるよう、松島町教育委員会はシトラスリボンプロジェクトに賛同し、推進していきます。


シトラスリボンプロジェクトとは?
コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志がつくったプロジェクトです。
愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。
リボンやロゴで表現する3つの輪は、「地域」と「家庭」と「職場(もしくは学校)」を意味しています。

ロゴマーク
シトラスリボンプロジェクトの詳細については、
「[シトラスリボンプロジェクトfrom ehime」ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

シトラスリボンを作ってみましょう
シトラスカラー(柑橘をイメージした色)のリボンやひも等を準備し、「3つの輪」を作れば完成です。リボンやひもに材質の指定もありません。あなたの好きな色で作ってみましょう。
さまざまな作り方があるようです。
「叶結び」「総角結び」「飾り結び」などと呼ばれるものを参考にしてみてください。

シトラスリボン(叶結び)
※教育委員会の職員は「叶結び」でシトラスリボンを作ってみました。

シトラスリボンの作り方については下記動画をご覧ください。
シトラスリボンの作り方(YouTubeチャンネルへ移行します)

シトラスリボンを広めましょう
シトラスリボンを身につけたり、おうちの玄関や郵便受けなどに掲示してみてください。「元気ですか?」「また会いましょう」の言葉とともに贈りあうのもよいかもしれません。
作り方を覚えて、学校や職場、お友達との集まりや、サークル活動などでみんなと作ってみませんか?

松島町教育委員会の職員も、シトラスリボンを身につけて、思いやりの輪を広げていきます。

 

お知らせ

教育委員会
12345
2022/06/21

町立学校施設へ「抗菌・抗ウイルスコーテイング」を施工しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育委員会
 松島町学びの場接触感染対策として、町立学校施設の保育室や教室、トイレのドアノブや手すり等の人がよく触れる箇所へ「抗菌・抗ウイルスコーテイング」を施工しました。一度噴霧すると持続的に菌・ウイルスを不活性化し続けるという特徴があり、モノを仲介した接触感染のリスクを軽減させることを目的としています。


抗菌・抗ウイルスコーティング溶液を噴霧し、充分に
に乾燥、定着させ、施工完了です


施設整備の観点からも感染防止に配慮して参ります。

10:54 | 投票する | 投票数(3)
2022/06/15

松島こども英語ガイド第6期生を募集しています!

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育委員会
松島こども英語ガイド第6期生を募集しています!
■対象者:松島町内在住の小学5年生~中学3年生
■開催日等:夏休み期間の指定日9日間、英語で松島を案内する動画作成にチャレンジします!
■募集〆切:6月24日まで
■申込先:松島町教育委員会 TEL:022-354-5713

16:11 | 投票する | 投票数(1)
2022/05/31

ジュニア・リーダー奮闘中!5月の活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

①ジュニア・リーダー初級研修会
 5月14日(土)、15日(日)に、今年度新しくジュニア・リーダーとなった6名の新中学1年生を対象とした初級研修会を実施しました。子どもたちと関わる事業への派遣に備え、子どもとの関わり方や活動中に注意を払うポイントなどについてグループワークも交えて学習しました。また、グループワークの成果を活かしながらウォークラリーや野外炊飯を行い、先輩ジュニア・リーダーや同級生との親睦を深めました。


野外活動をテーマに、危険な点についてみんなで考えました。


野外炊飯では鉈での竹割りにも挑戦しました。

②二市三町ジュニア・リーダー合同研修会
 5月29日(日)に、塩竈市、多賀城市、七ヶ浜町、利府町のジュニア・リーダーとの合同研修会を松島町文化観光交流館で開催しました。コロナ禍のため半日に短縮しての実施でしたが、他市町の会員と協力してのスタンツ作りやダンス研修を通して楽しく交流することができました。

グループの個性が光るスタンツ(劇)を披露しました


汗だくになりながらのダンス!

松島町ジュニア・リーダーサークル「紙ひこうき」では、年間を通じて新規会員を受け入れています。興味がある方は、教育課生涯学習班までご連絡ください。また、地域の行事等への派遣も随時受け付けていますので、お気軽にご相談ください。なおスケジュール等により派遣ができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

【問合先】 教育課生涯学習班
 Tel:022-354-5714
 E-mail:
s.gakusyu@town.matsushima.miyagi.jp


09:42 | 投票する | 投票数(3) | 行事
2022/04/08

消毒用アルコールを寄贈していただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育委員会
 町内在住の早坂晃一様から、新型コロナウイルス感染症の感染者が高止まりの傾向にあることから小学校での感染対策に役立ててほしいと消毒用アルコールを寄贈いただきました。
 早坂様には、昨年度もオートセンサー消毒機等を寄贈していただいており、各小学校で活用しております。
 ありがとうございました。


 ▲寄贈いただいた消毒用アルコール
17:38 | 投票する | 投票数(3)
2022/03/03

松島まるごと学の1年間

Tweet ThisSend to Facebook | by 生涯学習班職員

 「松島まるごと学」とは、町の歴史や文化、産業などについて体験を通して学ぶ、小中学校の歴史文化カリキュラムです。当町では3つの小学校から原則同じ中学校へ進学することから、共通の学習体験を通して松島の理解を深めるため、平成27年度から実施しています。

 主な内容として、小学校では品井沼干拓学習や森林学習、西の浜貝塚・瑞巌寺出前授業および瑞巌寺見学、坐禅体験を行っています。中学校では町内事業者等を講師に招き、職業人の話を聞く会を行っています。

 独自の内容として海岸地区一帯の文化財を見学する町めぐりや四大観巡りを実施する学校もあり、より深く松島について知る学習に取り組んでいます。


 この1年間、小中学校の児童生徒が取り組んだ内容の一部をご紹介します。

 

《一学期》







町たんけん(3年生)

町内のいろいろな施設を見学して、遊覧船にも
乗りました。

瑞巌寺では、町に「国宝」があることに驚いた
児童も多かったようです。






森林学習(5年生)

松島町と利府町の間にある檀山で、宮城県中央
森林組合の方に森林の役割や林業についてお話を聞きました。

宮城県中央森林組合の方には2学期にマツクイ
ムシのお話を聞き、3学期には木工体験でも指導をいただきました。








縄文出前授業(6年生)

磯崎にある国史跡・西の浜貝塚を通して、縄文
時代について理解を深めました。

貝塚から出土した本物の 土器や石器に触れ、
観察してスケッチをしました。









瑞巌寺出前授業・見学(6年生)

スライドや出土品を通して瑞巌寺の歴史について理解を深めてから、日を改めて実際に見学を行いました。

授業で習ったポイントを 抑えながら、詳しく
見学することができました。


《二学期》






品井沼干拓学習(4年生)

地域のボランティアガイドの方に説明を受けながら、江戸時代から明治時代に かけて行われた
品井沼の干拓について学習しました。

田んぼが広がる今の風景の成り立ちを知り、
昔の人の苦労について考えさせられたようです。








坐禅体験(6年生)

一小は瑞巌寺、二小・五小は大仰寺で坐禅体験を行いました。

坐禅についての説明を聞き、心を落ち着けて自分と向き合う姿勢を学びました。








町めぐり(二小/五小・6年生)

自分たちの学区の外の、海岸地区の歴史文化に
ついて学びました。

紅葉の圓通院や雄島、観瀾亭などを見学し、理解を深めました。






四大観巡り(五小・6年生)

江戸時代の学者が選んだ松島の展望地点、松島
四大観を1日で巡りました。

偉観・多聞山(七ヶ浜町)、幽観・扇谷(松島町)、麗観・富山(松島町)、壮観・大高森(東松島市)からそれぞれ違った松島の風景を楽しみました。









職業人の話を聞く会(中学2年生)

町内事業者を中心に、職業についてのお話を聞きました。働く人の思いや実際の様子を知り、自分自身の将来についての考えを深めました。


 なお、本カリキュラムは町内外の事業者や地域の方々から多くのサポートを受けて実施しています。この場を借りて深く御礼申し上げます。


13:40 | 投票する | 投票数(18) | その他
12345