ようこそ!56029人目の訪問者です!

誇りと絆を育みしなやかに生きる松島人

 

新着情報

 RSS

検索

ようこそ!松島町教育委員会です。



 故郷、松島に生きる私たちは、四季折々の景勝と先人が積み重ねてきた松島の歴史と文化と産業に誇りを持ち、継承・発展させるとともに教育資源として活かし、町民の生涯にわたる学びをとおして、高い教養と強く確かな協調性を兼ね備えた「人間性豊かな松島人による歴史文化の息づくまちづくり」を推進していきます。
----------------------------------------
Welcome to Matsushima! Our beautiful home rich in history, resources, and culture. We take pride in what our predecessors left for us while building for the future. We apply all our knowledge both current and past into our educational curriculum. We wish to create an environment that promotes the rich history of our town as well as creating productive and insightful members of society. Through a high standard of education and cooperation with our residents, we believe this goal is attainable.
 

委員会日誌

『いいね!』と思った記事に、投票をお願いします。
12345
2019/05/08

町民スペース展示替えのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

(公財)東日本鉄道文化財団の助成を受け、松島博物館で所蔵している伊達政宗や仙台藩主にゆかりのある資料4点の修復を行いました。本紙(文字や絵が描かれている部分)の周りの布や紐、軸などを直し、美しく生まれ変わっています。
今回展示するのは、仙台藩5代藩主伊達吉村が描いたとされる「薔薇図」。軸先の外れや日焼けの跡などについて修復しています。
吉村は、仙台藩主の御仮屋に「観瀾亭」という名前をつけた、松島にもゆかりの深い人物です。是非ご覧ください。

●展示場所:松島町役場庁舎 1階 町民スペース
●今後の展示予定
  5月7日~5月20日 :伊達吉村筆「薔薇図」
  5月20日~5月31日 :伊達政宗直筆一巻


09:38 | 投票する | 投票数(1) | 文化財関係
2019/04/08

町民スペース展示替えのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

(公財)東日本鉄道文化財団の助成を受け、松島博物館で所蔵している伊達政宗や仙台藩主にゆかりのある資料4点の修復を行いました。本紙(文字や絵が描かれている部分)の周りの布や紐、軸などを直し、美しく生まれ変わっています。
今回展示するのは、幕臣の三好越後守(みよしえちごのかみ)に宛てられた伊達政宗の書状です。全体的に損傷が激しかったため、各部材を新装しています。なお、今回は展示していませんが、元々使われていた生地や箱などは保管し、この資料の持つ歴史の一つとして後世に伝えていきます。

●展示場所:松島町役場庁舎 1階 町民スペース
●今後の展示予定
 ・4月8日~4月22日 :三好越後守宛 伊達政宗書状
 ・5月7日~5月20日 :伊達吉村筆「薔薇図」
 ・5月20日~5月31日 :伊達政宗直筆一巻


14:22 | 投票する | 投票数(3) | 文化財関係
2019/04/01

松島町教職員宣誓式

Tweet ThisSend to Facebook | by 委員会管理者
 4月1日、松島町教職員宣誓式が行われました。
 転入教職員を代表して松島第一小学校の永沼校長が服務の宣誓をしました。


 その後、櫻井町長から、歓迎の言葉とともに、新元号「令和」が発表され、
これからの時代を担う松島の子どもたちのため、きめ細やかな指導と、
夢と感動のある学校づくりをお願いしますと挨拶がありました。


 転入教職員を代表して、松島中学校の高橋校長からは
未来の松島を担う、夢と志を持ち、誇りと自信に満ちた児童生徒の
育成に向けた教育を行っていくとの挨拶がありました。

17:07 | 投票する | 投票数(1)
2019/03/29

松島町教職員離任式について

Tweet ThisSend to Facebook | by 委員会管理者
 3月29日、松島町教職員離任式が行われました。
 櫻井町長から、転出・退職される先生方に対して
松島町の子どもたちのためにご尽力いただいた感謝と、
これからの活躍に期待する挨拶をいただきました。


 また、転出・退職される先生方を代表して松島第一小学校の
三品校長から、これまでの教員生活を振り返りながら、松島の
教育に対して、熱意のある言葉で挨拶をいただきました。

14:21 | 投票する | 投票数(1) | 学校関係
2019/03/26

町民スペース展示替えのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

(公財)東日本鉄道文化財団の助成を受け、松島博物館で所蔵している伊達政宗や仙台藩主にゆかりのある資料4点の修復を行いました。本紙(文字や絵が描かれている部分)の周りの布や紐、軸などを直し、美しく生まれ変わっています。本日から2週間ずつ町民スペースに展示いたします。
今回展示するのは、西池主膳正(にしいけしゅぜんのかみ)に宛てられた伊達政宗の書状です。破損していた紐の修復やクリーニングが行われていますが、裂地(きれじ)や「御留軸(おとめじく)」と呼ばれる象牙の軸は、製作された当初の部材を活用して表装(ひょうそう)し直しています。


●展示場所:松島町役場庁舎 1階 町民スペース
●今後の展示予定
 ・3月25日~4月8日 :西池主膳正宛 伊達政宗書状
 ・4月8日~4月22日 :三好越後守宛 伊達政宗書状
 ・5月7日~5月20日 :伊達吉村筆「薔薇図」
 ・5月20日~5月31日 :伊達政宗直筆一巻


16:05 | 投票する | 投票数(2)
2019/03/19

学び支援事業講演会を開催開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育班職員

 2月23日(土)、石田沢防災センターで学び支援事業講演会を開催しました。

 ジャーナリストの石川 結貴氏に「スマホ世代の子どもとどう向き合うか~家庭、学校、地域で支える子どもたちの育ち~」と題し、子どもたちはなぜSNSに熱中するのか、スマホ世代の子どもたちとの向き合い方などについてご講演していただきました。

 参加者からは、「スマホやネットトラブルの危険性がこんなにたくさんあることに、気付くことができた。」、「スマホ社会の中で、子どもたちとの向き合い方を教えていただいた。」、などの感想がありました。


13:08 | 投票する | 投票数(4)
2019/02/28

文化観光交流館観光インフォメーションルームで文化財を展示します

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

平成29年11月から12月に実施した手樽地区のほ場整備に先立つ確認調査で出土した遺物を展示しています。調査では、ほ場整備事業によって遺跡に影響が及ばないことが確認できましたが、915年に噴火した十和田火山の火山灰層が見られた場所もありました。また近隣にある縄文時代や奈良・平安時代の遺跡から流れ込んだ土器が見つかっています。昭和30~40年代に行われた干拓事業前の手樽湾の姿をうかがうことのできる資料となりますので、ぜひご覧ください。

また合わせて2月16日に開催された「松島れきし再発見講座」で参加者から寄せられた「歴史を未来につなげる取り組み」のアイディアも掲示しております。


展示①縄文土器と製塩


展示②火山灰と須恵器


展示③アイディアの掲示


14:04 | 投票する | 投票数(4) | 文化財関係
2019/02/28

松島町コミュニティ・スクール推進研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育班職員
 2月27日、松島町文化観光交流館 アトレ・るHallにて「松島町コミュニティ・スクール推進研修会」を実施し、教育委員や校長を始めとする町内各小・中学校、幼稚園の教職員約20名が参加しました。
 「コミュニティ・スクール」は日本語にすると「地域運営学校」と表すことができ、学校と保護者、地域がともに知恵を出し合い、学校運営に意見を反映させることで、一緒に協働しながら子どもたちの豊かな成長を支え「地域とともにある学校づくり」を進める仕組みです。
 学校運営協議会を設置し、地域の人たちが学校運営の基本方針の承認をしたり、学校運営に意見したりすることで、より良い学校運営を目指します。
 松島町でも今後導入を進めていく方針です。導入に際して、地域の皆様のお力をお借りすることも多くあると思いますが、より良い学校運営を目指し、教育委員会及び学校も精一杯尽力いたしますので、ご理解及びご協力をお願いいたします。


09:23 | 投票する | 投票数(5)
2019/02/19

松島れきし再発見講座を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財
 2月16日、石田沢防災センターにて松島町の歴史や文化に関する最新の調査・研究成果を広く発信する講座「松島れきし再発見講座Lesson3.  歴史を未来(あす)につなげる取り組み」を開催し、町内外から65名の皆さんに御参加いただきました。
 講演会では、「歴史の調査」「歴史を守る」という観点からお話しいただきました。参加者からは、「講演会を聞いて、松島の歴史にさらに興味を持った」「歴史の調査、保存の意義を具体例を挙げて話していただいて有意義だった」といった感想が聞かれ、充実した講座になったようでした。
 また、宮城県下で初の策定となる「松島町歴史文化基本構想」をはじめ、本町における文化財保護・文化財活用の取組の最前線を紹介した展示コーナーも、多くの皆さんにご覧いただくことができました。参加型企画「私、こんなアイディア持ってます!」では、講演を聞いた参加者自らが「歴史を未来につなげる取り組み」のアイディアを考え、歴史や文化財に「主体的に関わる」体験をすることができました(皆さんのアイディア→「私、こんなアイディア持ってます!」.pdf)。
(教育委員会生涯学習班)

↑展示を熱心に見る参加者

↑今回も多くの皆さんに御参加いただきました。
11:34 | 投票する | 投票数(5) | 文化財関係
2019/02/15

学び支援事業講演会を開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育班職員

 2月23日(土)、ジャーナリストの石川結貴氏を講師に迎え「スマホ世代の子どもとどう向き合うか~家庭、学校、地域で支える子どもたちの育ち~」と題し、子どもたちはなぜSNSに熱中するのか、スマホ世代の子どもたちとの向き合い方などについてご講演いただきます。どなたでもご参加できますが、席に限りがあります。 先着順(事前申込不要)となりますので、お早目にお越しください。
●日時:平成31年2月23日(土)
●受付:午前10時00分から

●講演:午前10時30分から午前12時00分(90分)
●会場:石田沢防災センター会議室
●演題「スマホ世代の子どもとどう向き合うか
    ~家庭、学校、地域で支える子どもたちの育ち~」
●講師:ジャーナリスト 石川 結貴 氏
  著書:「スマホ廃人」文春新書/文藝春秋社,

     「ルポ 居住不明児童~消えた子どもたち」
     ちくま新書/中央公論新社,他多数
●参加費・申込:不要
●問合先:教育委員会教育課学校教育班
     354-5713


石田沢防災センターへのアクセス


09:41 | 投票する | 投票数(1)
12345

QRコード