ようこそ!あなたは、令和元年12月24日のホームページ再開から109273人目の訪問者です。
 

QRコード

 

家庭学習サービス

 

子供の学び応援サイト

 

みやぎの家庭学習支援サイト

 

24時間子供SOSダイヤル

 

児童生徒の心のサポート班

 

もみの木教室

 

ようこそ松島町教育委員会です。

 

差別がない、みんなが思いやりの心を持って支え合う町に

シトラスリボンプロジェクトに参加します
新型コロナウイルス感染症の拡大が長期化しているなか、感染した方やそのご家族、医療従事者の方々に対して「うわさ話」や「心ない言動」「不当な扱い」など悪質な差別行為や誹謗中傷が全国的に問題となっています。
新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性のある病気ですし、ど
んな場合であっても、不当な差別、偏見、いじめなどがあってはいけません。

誰もが地域や職場(学校)に帰ってきたとき、誰もが支え合えるまち、笑顔で住み続けることができるまちとなるよう、松島町教育委員会はシトラスリボンプロジェクトに賛同し、推進していきます。


シトラスリボンプロジェクトとは?
コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志がつくったプロジェクトです。
愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。
リボンやロゴで表現する3つの輪は、「地域」と「家庭」と「職場(もしくは学校)」を意味しています。

ロゴマーク
シトラスリボンプロジェクトの詳細については、
「[シトラスリボンプロジェクトfrom ehime」ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

シトラスリボンを作ってみましょう
シトラスカラー(柑橘をイメージした色)のリボンやひも等を準備し、「3つの輪」を作れば完成です。リボンやひもに材質の指定もありません。あなたの好きな色で作ってみましょう。
さまざまな作り方があるようです。
「叶結び」「総角結び」「飾り結び」などと呼ばれるものを参考にしてみてください。

シトラスリボン(叶結び)
※教育委員会の職員は「叶結び」でシトラスリボンを作ってみました。

シトラスリボンの作り方については下記動画をご覧ください。
シトラスリボンの作り方(YouTubeチャンネルへ移行します)

シトラスリボンを広めましょう
シトラスリボンを身につけたり、おうちの玄関や郵便受けなどに掲示してみてください。「元気ですか?」「また会いましょう」の言葉とともに贈りあうのもよいかもしれません。
作り方を覚えて、学校や職場、お友達との集まりや、サークル活動などでみんなと作ってみませんか?

松島町教育委員会の職員も、シトラスリボンを身につけて、思いやりの輪を広げていきます。

 

お知らせ

教育委員会
12345
2021/05/13new

松島中学校で「職業人の話を聞く会」が開催されました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育班管理者
 本日、松島中学校において中学2年生を対象に「職業人の話を聞く会」が実施されました。
「職業人の話を聞く会」は仕事や職種に対する理解と共感を深めるキャリア教育として取り組んでいます。生徒たちは普段の授業では教わらない分野の話に興味深く耳を傾けてました。 講師の皆様、貴重なお話をありがとうございました。
講師(4名)
・宿泊業関係
 磯田 悠子 氏
 ホテル松島大観荘 副社長
・漁業関係
 鈴木 康夫 氏
 東北福祉大学総合マネジメント学部
 教授 工学博士
・地元経営者
 千葉 伸一 氏
 有限会社松華堂 代表取締役
・教育関係
 和泉 実佳 氏
 松島第五幼稚園 園長
この授業は、松島の歴史や文化を学び郷土愛を育む「松島まるごと学」の取り組みとして実施しています。

19:15 | 投票する | 投票数(1)
2021/03/31

長い間ありがとうございました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育班職員
令和3年3月末をもって、松島町教育委員会の各種事業に携わっていただいた皆さんが御退任されました。長い間、松島町の子ども達のためにご尽力いただき、ありがとうございました!


 ↑ 学び支援員の皆さん (学び支援事業)


 ↑ 心のケアハウス支援員の皆さん (子どもの心のケアハウス事業)


 ↑ スクールガードリーダーさん(左)(子供安全対策事業)





13:05 | 投票する | 投票数(1)
2021/02/16

東京2020公式アートポスターを展示

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

令和3年2月17日から松島町文化観光交流館インフォメーションルームにおいて東京2020公式アートポスターを展示しています。
 これはオリンピック・パラリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために作成されるものです。国際的に活躍するアーティストやデザイナーが参加し、大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品が生まれました。

各地を巡回するため、短い期間の展示となりますが、ぜひ間近でご覧いただけると幸いです。

 

展示期間:令和3217日(水)~28日(日

 

展示場所:松島町文化観光交流館(宮城県宮城郡松島町磯崎字浜1-2)

 

展示作家:

 荒木飛呂彦、浦沢直樹、大竹伸朗、大原大次郎、柿沼康二、金澤翔子、GOO CHOKIPAR、鴻池朋子、佐藤卓、新木友行、野老朝雄、蜷川実花、ホンマタカシ、森千裕、山口晃、テセウス・チャン、クリス・オフィリ、ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカー

 (50音順、敬称略)

問い合わせ先:教育課生涯学習班 022-354-5714



15:51 | 投票する | 投票数(3)
2021/02/04

観瀾亭松島博物館企画展【松島れきし再発見展・日本遺産パネル展示】

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財

令和2129日に観瀾亭松島博物館の展示替えを行いました。20203月に実施予定だった「松島れきし再発見講座Lesson5-いまに息づく歴史をたどる-」で講演を予定されていた白崎恵介氏「松島の都市と建築に見る歴史的景観」徳竹剛氏「宮城電気鉄道(仙石線)誕生の背景」の内容について、パネルと配布資料でご紹介しています。

 また2月13日の「日本遺産の日」にちなんでパネルと関連資料を展示していますので併せてごらんください。
▲徳竹・白崎両氏の発表予定内容のパネルと配布資料



▲日本遺産パネル



▲日本遺産に関連する資料展示



▲新たに追加した松島歴史年表

11:13 | 投票する | 投票数(0)
2021/01/29

県産牛肉学校給食提供支援事業について

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育委員会
 松島町では、新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込んでいる和牛の生産者を応援するため、11月16日の『すきやき風煮』に引き続き、1月29日は『宮城県産黒毛和牛と松島産トマトのハヤシライス』を学校給食で提供しました。

 当日は、櫻井町長が松島第二小学校の給食の様子を見学しました。
 児童からハヤシライスの感想や質問があり、町長から今日の黒毛和牛の産地や宮城県で行われた牛のオリンピックについてのお話しと、「皆さん、おいしい給食をいっぱい食べて風邪や新型コロナウイルスに負けず学校生活を頑張ってください」との励ましの言葉がありました。




 



15:51 | 投票する | 投票数(2)
12345