ようこそ!あなたは、令和元年12月24日のホームページ再開から144203人目の訪問者です。
 

QRコード

 

家庭学習サービス

 

子供の学び応援サイト

 

みやぎの家庭学習支援サイト

 

24時間子供SOSダイヤル

 

心のサポート班

 

もみの木教室

 

ようこそ松島町教育委員会です。

 

差別がない、みんなが思いやりの心を持って支え合う町に

シトラスリボンプロジェクトに参加します
新型コロナウイルス感染症の拡大が長期化しているなか、感染した方やそのご家族、医療従事者の方々に対して「うわさ話」や「心ない言動」「不当な扱い」など悪質な差別行為や誹謗中傷が全国的に問題となっています。
新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性のある病気ですし、ど
んな場合であっても、不当な差別、偏見、いじめなどがあってはいけません。

誰もが地域や職場(学校)に帰ってきたとき、誰もが支え合えるまち、笑顔で住み続けることができるまちとなるよう、松島町教育委員会はシトラスリボンプロジェクトに賛同し、推進していきます。


シトラスリボンプロジェクトとは?
コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志がつくったプロジェクトです。
愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。
リボンやロゴで表現する3つの輪は、「地域」と「家庭」と「職場(もしくは学校)」を意味しています。

ロゴマーク
シトラスリボンプロジェクトの詳細については、
「[シトラスリボンプロジェクトfrom ehime」ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

シトラスリボンを作ってみましょう
シトラスカラー(柑橘をイメージした色)のリボンやひも等を準備し、「3つの輪」を作れば完成です。リボンやひもに材質の指定もありません。あなたの好きな色で作ってみましょう。
さまざまな作り方があるようです。
「叶結び」「総角結び」「飾り結び」などと呼ばれるものを参考にしてみてください。

シトラスリボン(叶結び)
※教育委員会の職員は「叶結び」でシトラスリボンを作ってみました。

シトラスリボンの作り方については下記動画をご覧ください。
シトラスリボンの作り方(YouTubeチャンネルへ移行します)

シトラスリボンを広めましょう
シトラスリボンを身につけたり、おうちの玄関や郵便受けなどに掲示してみてください。「元気ですか?」「また会いましょう」の言葉とともに贈りあうのもよいかもしれません。
作り方を覚えて、学校や職場、お友達との集まりや、サークル活動などでみんなと作ってみませんか?

松島町教育委員会の職員も、シトラスリボンを身につけて、思いやりの輪を広げていきます。

 

お知らせ

教育委員会 >> 記事詳細

2021/08/18

松島の小中学生が作成した松島の紹介動画が完成しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校教育班管理者
 夏休み期間中に、町内の小学校5年生~中学校3年生が、松島の紹介する動画の作成にチャレンジする『松島こども英語ガイド事業』を実施し、今年は12人の小中学生が参加しました。
 
 子供達は、それぞれカメラマンやレポーターになって動画の収録を行った後、動画の編集作業や英語のナレーションの吹込み作業まで、全て参加した子供達が協力して行いました。
 
 使用した機材の説明表記も全て英語です。慣れない作業に緊張気味だった子供達も、日を追うごとに上達し、英語を使う事にも慣れていきました。
 
 「コロナ禍が終息したらたくさんの外国の方々に松島に来てほしい」と願いながら子供達が作成した動画です。
 完成した動画は、松島町の公式Youtubeチャンネルでご覧いただけます。是非ご覧ください。
リンクはこちら
↓↓↓
①「Matsushima Kid Guides Presents : Oshima」雄島編
②「Matsushima Kid Guides Presents :Godaido 」五大堂編
③「Matsushima Kid Guides Presents :Sasa-Kamaboko 」かまぼこ手焼き体験編
https://www.youtube.com/watch?v=Wr5g5GvDrGg



▲動画収録風景 ジェスチャーも自分で考えました。


▲動画編集作業 映像と音を一つの動画にまとめる作業です。


▲ナレーション録音 英文を何度も練習して録音しました


▲Youtube動画の見出し(サムネイル)のデザインをみんなで決めます。


▲指導してくれたALTのブライアン先生とマーティン先生と一緒に記念撮影

20:03 | 投票する | 投票数(8)