ようこそ!あなたは231824人目の訪問者です。
 

二次元バーコード

 

家庭学習サービス

 

子供の学び応援サイト

 

もみの木教室

 

心のサポート班

 

24時間子供SOSダイヤル

 

ようこそ松島町教育委員会です。

 

差別がない、みんなが思いやりの心を持って支え合う町に

シトラスリボンプロジェクトに参加します
新型コロナウイルス感染症の拡大が長期化しているなか、感染した方やそのご家族、医療従事者の方々に対して「うわさ話」や「心ない言動」「不当な扱い」など悪質な差別行為や誹謗中傷が全国的に問題となっています。
新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性のある病気ですし、ど
んな場合であっても、不当な差別、偏見、いじめなどがあってはいけません。

誰もが地域や職場(学校)に帰ってきたとき、誰もが支え合えるまち、笑顔で住み続けることができるまちとなるよう、松島町教育委員会はシトラスリボンプロジェクトに賛同し、推進していきます。

ロゴマーク
 

お知らせ

教育委員会 >> 記事詳細

2022/09/30

あとむの「あ」は遊びの「あ」♪

Tweet ThisSend to Facebook | by 文化財
9月28日、令和4年度宮城県巡回小劇場「あとむ時間はアンデルセン」が松島町文化観光交流館で開催されました。この事業は音楽や演劇の鑑賞を通して芸術文化に触れてもらうため、町内3つの小学校4・5年生を対象に毎年実施しています。
今年のテーマは「アンデルセン童話」。劇団あとむの皆さんによる音楽劇「パンをふんだ女の子」「父さんすることはみんなよし」が上演されました。劇中で棒とボール、輪っかを活用した「アニメイム」という手法を用いて動物が描かれると、子供たちからは「えー、すごい!」などと歓声が上がりました。また、「アニメイム遊び」のコーナーでは身を乗り出したり、出演者を応援したりするなど楽しいひとときを過ごすことができました。


↑「アニメイム」の恐竜が火を噴くと、子供たちは大盛り上がり!


↑たくさん「心の栄養」を吸収して、大満足でした!
10:21 | 投票する | 投票数(12)